• 経営
  • 2016. 03. 06

自分の「売り」を見つけるヒント。

こんにちは、ハヤシです。

いきなりですが、あなたの「売り」って何ですか?

 

いきなりすぎましたかね。笑

では、あなたのサロンの「売り」は何ですか?

 

どうでしょう、すぐに答えられましたか?

 

前回、セルフブランディングとはどんなものか?について書かせて頂きました。

「自分(及び、自分のサロン)の「売り」を明確にし、それを発信していくこと」でしたよね。

hayashi

では、その第1歩となる、「売り」を見つけるにはどうしたらいいんでしょうか?

 

まず自分と向き合ってください。

 

って、精神論かよ!とお思いですか?笑

 

いや、これね、すごく大事なんです。
というか、みんなここスルーしてるんですよ。

 

そもそも、“セルフブランディング”っていう意識を持ってないことも多いし、なんとなくわかっていながら、自分に目を向けないままでやってきている。

 

あとは、色んなネイリストさんとお話してると、向き合い方がわからないってのも多いように思います。

なぜなら、
向き合うと、自分のマイナス面にばっかりフォーカスするから。
人って足りない部分に目がいきがちなんですよね。
私もそういうとこあるんでわかります。笑
でもね、みんな絶対素晴らしいところがあるんです。
そして、そこには自分で気付きにくいんです。

 

だって、普通にできてることだから。

「えー、こんなの褒められるに値しないよ!」
「こんなの簡単だもん」
「この程度のことアピールするなんて恥ずかしい」

こんな想いが出てくるんですよねー。

 

ついつい、努力してなし得たことだけが素晴らしいことと想いがちなんですが、そもそも備わってる得意なことや、周りの人に喜ばれていることってたくさんあるはずなんです!

自分と向き合うって
それをひとつひとつ探っていく作業です。

 

いつも周りから褒められることだったり
自分が好きで好きでたまらないこと
時間も忘れて没頭できることなんかを考えてみて下さい。

 

その中に、あなたの「売り」にたどり着くヒントがたくさんあります。

 

○○なネイルサロンと云えば、あなたのところ!

 

こんな風に、代名詞となる「売り」が見つかります。

ネイルサロンについて考えるとはいえ、
技術面、人格、これまでの人生と、もっと大きな視点で自分を観察してください。

 

そして、それが見つかったら、出し惜しむことなく発信してください!

ここで、またみなさん壁があるんですよね。
日本人だから仕方ないのか??
自分のいいところ自分から言うなんて恥ずかしいです!って。

うん、わかる。
でも、やろう。笑

 

自分のためではなく、お客様のためです。
お客様に正確にあなたの良さを伝えるためです。

以前ブログに書いたこの記事が好評だったので、リンク貼っておきます。
セルフブランディングってなぜ必要か?ということについて書いてます。

>> 線を引くだけのアートは要らない。

>> サロンの「売り」を発信するのは何のため?

わー、長くなっちゃった!
ではではー

hayashi

セルフブランドクリエイター
林佳奈子

 

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP