• コラム
  • 2016. 07. 27

求めているのは小学生の絵日記じゃない。

こんばんは。ハヤシです。

世間は夏休みですねー。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?
さて、今日のタイトル

「求めているのは、小学生の絵日記じゃない。」

何かというと、ブログなどの発信について。

 

ネイリストさんに限らず、自分のこと発信しましょうねーって伝えてるんですが、こんな感じの記事よく見かけます。

 

どこどこへ行きましたー!
ステキな◯◯がたくさんあって感動〜♬
また行きたいな♡

 

うん、わかる、わかるよ。

で?

となるんです。

大阪に長く住んでいたためか、オチを求める文化に慣れすぎて、つい「で?」と聞きたくなります、私。
 

これ、小学生が夏休みに書く絵日記に似てません?

1ヶ月間以上も毎日書かなあかーん、何書いたらいいんやろー、ってほぼ同じトーンで書き続ける絵日記。

ある意味、単なる報告です。

 

hayashi

 

すでにあなたのことを知ってくださってるお客様にはいいんです、これも。

次のご来店時に「どこどこ行ったんやねー!楽しかったー?♬」って話題になるし。

 

でも、まだお会いしたことのないお客様が読むと

ふーん。
で?

なんです、残念ながら。

なぜなら、そもそも、あなた像がわかってないから。
だって知らない人のお出かけ絵日記読んでも、感情移入しづらいでしょ?

 

だから、そこであなたの感じたこと、現状曝け出してみてくださいな。

それが共感を呼ぶから。

実際、ネガティヴな部分を吐露したものや、想いの乗った経歴なんかは読み込まれる。

あなたもそういう記事は「うんうん!」って頷いて読んでるんじゃないかなぁ。

共感

とっても大事です。

⇒自分のことを書くって、こんなに効果がありますよ。

 

みんなあなたのこと知りたいんですよー♪
書いてあげてね♡

 

ではでは。

セルフブランドクリエイター
林佳奈子

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、ネイル大学マガジンの人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP