• コラム
  • 2017. 01. 21

2017林の野望。

明けまして(随分前に)

おめでとうございます。

セルフブランドクリエイター(久々に書いた)

林佳奈子です。
みなさま、2017年良いスタートを切れましたか?

さて、今回はネイル大学からのお題が出ました!

ので、それについて書いてみます。

2017年の野望は何ですか?

日々思いつきで生きてるような私なので、今年の野望!というと何も考えてなかったのですが、

ずっと思ってることは変わらず、

【ネイリストが当たり前のようにセルフブランディングをする】

ということですね。

私はネイリストさんに会うと必ずこう聞きます。

「あなたのサロンはどんなサロンでーすーかっ?はいっ!」

スパッと一言で答えられる方もいらっしゃれば、うーんと少し考える方もいらっしゃいます。

もし今これを読んで言葉が出てこなかったネイリストさんは、1度自分のサロンについてしっかり考えることが必要です。

セルフブランディングの第1歩は、
自分が何者なのか(どんなネイリストなのか)

自分のサロンはどういうサロンなのかを明確にすることです。

自分では明確にしているつもりでも、何だか紹介が広まらないなと感じている場合は

表現が抽象的でお友達に伝えにくい状態なのかもしれません。

例えば“お客様を笑顔にするサロン”とか、イメージはとってもいいんだけど

「あのサロン行ったら笑顔にしてくれるよ!ぜひ行ってみて!」

と紹介しているところは想像しにくい。

「ネイリストが元芸人で絶対笑わせてくれるよ!笑顔になれる!」

だと具体的ですよね。

(芸人くらい笑わせてくれたら手元震えてネイルできないけど笑)

ネイリスト(主に個人)が皆

当たり前のように自分を知って

当たり前のように自分を売って

当たり前のように30万円以上は稼ぐ

そんな世界にしたいなと。

じゃなきゃOLやお勤め辞めてまで自営してる意味も楽しみも無くないですか!?

最近は「ブランディングなんて古い」という書き込みも見られますが

ブランディングと銘打ってまで自分を売り込む、という意識が古くなり

各々がブランディングをして当たり前という感覚に変わっただけのことです。

セルフブランディング…まだ取り組めてないかも、と感じてるならぜひ今日から始めましょ♪

セルフブランドクリエイター

林佳奈子

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP