• コラム
  • 2017. 03. 16

ネイリストのやりがいとは?

どうも、こんにちは。
セルフブランドクリエイターの林佳奈子です。

最近はこの肩書き使う機会が少なくなって、ちょっとこそばゆいです。。。

そんなことはどーでもいいですね。笑

 
さ、今月のお題はこちらでした!

ネイリストのやりがいとは?

 
みなさんはどう思われますか?

 

私のコラムを読んでくれているのは、

おそらく個人サロンオーナーさんか、これから独立を考えているネイリストさんですかね。

まだネイルを勉強中でこれからネイリストデビューする方もいらっしゃるでしょうか。

 

そんなところショックを与えるようで申し訳ないんですが

「ネイリストってやりがいある仕事だから、ぜひネイリストになって欲しい!」

 

なんて言いませんよ、私。

 

ふふふ。

 
そもそも、やりがいってなんでしょう?

 

好きなことが見つからないんです…
やりがいある仕事に就きたくて…
今のままじゃ充実感を得られなくて…

 

迷っているときには様々な想いがあるでしょう。

 

長くネイリストを続けてても壁にぶち当たることもあるし。

 

 
私が思うネイリストにとってのやりがいって

 

お客様が「このサロンに来た甲斐があるわ」と言ってくれること。

 

そして実はやりがいって、自分で創るものです。

 

お客様の甲斐を創ることが
ネイリストのやり甲斐。

 

みんなが考えるやりがいとは
きっと順序が逆です。

 

だから、お客様が来てよかったと思えるサロン作りをし続けることがやりがいに繋がります。

 

あなたに施術してもらって良かった!
このサロンに来たかいがあったわ!

 

その言葉を頂けるように

やはりブランディングを意識して

自分の好きなこと得意なことを盛り込んで、きちんと発信して、知って頂くことが必要。

 

そうやって、着実に創っていくんです。
ちなみに、このテーマについて
ネイリストだった頃と今のやりがいに違いはありますか?という質問も頂いたんですが

 

同じです。

 

昔も今も
「林さんのところに来たかいがありました!」
と言われることが私のやりがいです。

 

やりがいは仕事にくっついているものではなく、あなたから生まれるもの。

 

生き甲斐と同じです。

 

感想お待ちしてまーす!

ではでは。

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP