• 教育
  • 2017. 05. 10

ネイリストとして先輩になった方たちへ贈る言葉。

こんにちは。

GWも終わって少し落ち着いてきた頃でしょうか?

新たにネイリストとして動き始めた方たちも1ヶ月が経ち慣れてきたかな?^^

 

前回は、新ネイリストさんに向けてこんな記事を書きました。

ネイリストになった方に贈る言葉。

 

新たな仲間が増えると、当然先輩になる人も生まれるわけで。

今日は、その先輩たちへ贈る言葉です。

 

「自分だからできること」のバランスをとる

 

私は常々セルフブランディングの重要性を伝えています。

重要っていうと重いから、有用くらいにしときましょか。笑

(ほんとはめっちゃ大事)

 

で、セルフブランディングって
「私はこんなことができますよ!」というのを明確に打ち出すことです。

だからこそお客様にも魅力が伝わり
お客様が求めているサロン、ネイリストとして選んで頂ける。

これは自分の強み=「自分だからできること」が直接お客様に提供できる場合。

ここから、自分が”教えを乞われる”立場になってくると

「自分だからできること」が壁になるときがある。

 

技術を教える、マインドを育てるなど
これからの人に自分の経験を伝えていく段階で

相手と同じ目線で物事を見ていると

「私だからできるのよ」なんて奢りが出てきかねません。

 

実はこれ、無意識の場合がよくあるんです。

 

しっかり教えて、上手くなってもらいたいと思っているのに

心のどこかで「私のほうが上手いし」みたいな感覚が捨てきれてない。

自分を超えて欲しくはない、という見えない成長の妨げを張り巡らしてたりします。

 

そんな時は、少し怖いのですが

頑張ってきた自分を手放すことです。

 

頑張ってきたことを必死にアピールしなくても
あなたは十分に素晴らしいという感覚を養うことです。

身についた技術やマインドは

ちょっとやそっとじゃ壊れませんから。

堂々と。

自信をもって。

素敵なネイリストがどんどん育ちますように♪

ではでは。

セルフブランドクリエイター
林佳奈子

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、ネイル大学マガジンの人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP