• 教育
  • 2017. 06. 16

スタッフに辞めたいと言われた時に考えること。

こんにちは。

林佳奈子です。

このコラムでは月1テーマをもらうんですけどね、

今回のやつは未経験だったー。笑

 

スタッフに辞めたいと言われた時に考えること。

 

私は「辞めたい」と言ってきた側なので

「辞めたい」なんて言われたオーナーさんの気持ちは計り知れませんが、

逆に辞めたいと伝えたときの反応はいろいろ見てきたわけで。

 

とはいえ、ネイルサロンの勤務経験もなく

私がこれまで辞めたのは一般企業にはなるんですが

「応援してもらった」記憶しかありません。

 

でもね、やっぱり会社側からすると「えぇ、なんでだよ!?」というのが1番の反応でしょうか。

辞める理由は様々ですが、そこに”会社が嫌だから”という感情が混じると

退職うんぬんではなく、人間関係の亀裂が生まれるなと思われます。

会社としては時間も、もちろんお金も使ってみなさんを育て上げたわけですから

ちょっとやそっとの理由で辞めてもらわれちゃ立つ瀬がありません。

せめて辞める側に『覚悟』があるのか?ってところを見たい。

(いや、見たくないとは思うんだけど)

 

そして、これから独立するネイリストさんにも言いたい。

(私、オーナーじゃないけど苦笑)

『覚悟』ありますか?

 

これなかったら、すぐブレてサロンそのものが倒れますよ。

 

ネイルサロンを始める覚悟

勤め先をやめる覚悟

応援してください、と言える覚悟

 

大事かな、と思います。

 

そして感謝。

同じくらい大事。

 

独立したときに、辞めた会社の人達が

周りの人に私のサロンを紹介してくれて

なんて恵まれてるんだろうなと思いました。

働かせてもらえてたってだけでも随分とありがたいことですよ、ほんとに。

 

ちなみに。

私自身は人を雇おうと思ったことがありません。

正確に言えば、考えたことがあるくらいで

実際にスタッフのいるサロンオーナーさんや、そこで働くスタッフさんたちとお会いしたり

話を聞いたりしてみて、自分には人を雇うというスタイルが合わないなと感じたからです。

 

自分がどうしたいのか、そこにも覚悟ですね。

 

やるならやろう。

その代わり、しっかりやろう。

 

どこへ向けた言葉なのかわかりませんが笑、

今回のコラムはこんな感じで^^

 

セルフブランドクリエイター
林佳奈子

【セミナーのお知らせ】
7/25 池袋シェアネイルサロンLOLOにて「個人サロンの値上げについて」
8/23 TAT渋谷店、9/4 TAT千葉店にて「セルフブランディングの基礎」

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP