• 経営
  • 2017. 10. 13

“閑散期”対策

皆様こんにちは!(夜ご覧の方、こんばんは!朝ご覧の方、おはようございます!)

金沢です。

あっという間に夏が終わり、朝も夜も冷え込みますね!

風邪、ひいてないですか?この時期は夏の疲れがドッと出るので、お身体ご自愛くださいませ。

 

さて、今回の執筆テーマは

 

「閑散期対策」

 

ふむふむ、先月に引き続きなかなか現実的なテーマですね(笑)

ちょっと今回は執筆ボリュームが多くなりそうですが、核心をついたことを書かせていただきます。

最後までお付き合いお願いいたします。

 

そもそもネイル業界でいう

「閑散期」

ってあるの?あるならいつ?

そんな素朴な疑問、ありますよね。(他業界から来た僕にはあったんです)

 

一般的にネイル業界は

 ●閑散期:9月、10月、11月、1月、2月

 ●繁忙期:5月、6月、7月、8月、12月  

 ●どちらでもない月:3月と4月

と言われています。

 

ではでは、閑散期たる由縁は?

というと、

「フット需要が無いから」

ただこれだけだそうです。

 

それだけ!?

と思いませんか?

でもネイル業界では当たり前になっている閑散期。

今ある「当たり前」を改めて見直す事も、結構大切です。

 

その当たり前をどう見直したかというと、考え方としては3つあります。

 

 ①フット需要が無いなら作れば良い

 ②そもそも目標は年間設定なので、「閑散期」という考え方がない

 ③時期関係なく定期的に通っていただくファン作り

 

今回はこの3つを具体的にお伝えします。

 


①フット需要が無いなら作れば良い


当社では、「冬にフットは出ない」という当たり前を見直す事にしました。

 

“フット需要が無い理由=冬はサンダルを履かないので、フットネイルをお客様がしないから”

 

物凄くハッキリした理由がドーーンとありますよね。

それほどまでに「需要がない」とハッキリしているということは、その原因をとことん追求して改善する、凄く単純な行動をとる事ができます。

 

フット需要がないフット需要がないと言われていますが、

ネイルサロンって

「色を塗るだけのサロン」

でしょうか。

違うはずです。

日本以外の世界各国のネイルサロンでは、むしろ

「ハンドもフットもウォーターケアありき」

であり、

「ネイルサロンに行く=ウォーターケアをして、その後でカラーを楽しむ」

のが通常です。

サロンの呼び方もネイルサロンではなく

「ネイルスパ」

と呼ばれているくらいです。

 

本質的に見直すと、ネイルサロンは

「お手元・お足元の施術をきっかけに、トータルでお客様を美しくする場所」

であって良いはず。

とするならば、

「冬の乾燥する時期こそ角質除去やフットスクラブ、ウォーターケアを行ってツルツルなお足元を」

と自信を持ってお伝えできます。

 

そうです、本当ならば冬にこそフットケアをしっかりと行う事こそが、お客様の美に繋がります。色を塗る事だけが美ではないはずです。

 

当社サロンは

「芯からお客様に美を提供したい」

と考えています。フットケアの重要性を知っているプロのネイリストだからこそ、お客様には

「冬こそフットケアを」

とお伝えしています。

冬にお足元の悩み持たれているお客様、本当に多いです。そのお悩みを改善できるスキルが我々にあるならば、迷わずおススメするべき、そう考えています。

その結果、一般的なネイルサロンの全体売上に対するフット売上の割合は10%を切っているなか、当社のフット割合は25%を超え、更に需要が年々伸びています!

 


②そもそも目標は年間設定なので、「閑散期」という考え方がない


日本には四季があり、季節変動は必ず発生します。つまり、その季節変動に伴う

「閑散期」

はネイル業界に関わらずどの業界にも必ず存在します。

「必ず来る」

とわかっているのであれば、それを見越して予め

「年間計画」

を立てればそもそも

「閑散期」

という捉え方ではなく

「この時期はそういうもの」

という考えが出来るようになります。事前にわかっているからこそ、しっかりと計画をたてることができます。(というより、計画は単月ではなく年間でしっかり立てておくべきと考えています。)

 

大切なのは

「年間目標」

の達成を目指しておくこと!

そうすれば、閑散期にはしっかりと休んだり、次に来る繁忙期の対策を改めて練ったり、出来る事は沢山あります。

 


時期関係なく定期的に通っていただくファン作り


当社はそこまで新規集客に力は入れていません。当社の想いとしては、

「一過性の美」

ではなく

「恒久的な美」

を大切にしています。

 

「人々の美に貢献し、世界を美しくする」

 

という当社のビジョンにのっとって、

「継続することが一番の美に繋がる」

事に主軸を置き、

「サロンのファンを作る事」

に力を入れています。

その想いを、熱意をもってお客様にお伝えする

当社自慢のネイリスト達!!

 

何を持ってしてもお客様にお伝えするのは彼女達で、通っていただいているお客様はサロンのファンである以前に

「彼女達のファン」

です。

その結果、既存のお客様がとても多く毎月ご来店いただいています。

 

「貴女に逢いに毎月通ってるの」

「自宅の近くにネイルステーションがあることが、私がここに住んでいる理由」

 

そんな嬉しい言葉も多数いただきます。

 

想いを持った施策だからこそ、

しっかりとお客様に伝わり、チームとしての一体感が生まれます。

本当に彼女達は凄い!!

まだまだ沢山のファンをもった紹介しきれない数のネイリストがいます。

 


まとめ:結局は・・・


 

我々にできることの

「範囲を狭めない」

事が、お客様のためになります。

今目の前にいらっしゃるお客様に対して

「ネイルというきっかけを通して様々なご提案をする」

事が、何よりの喜びに繋がるのではないでしょうか。

 

◆再告知◆

いよいよ来週10月17日はビューティーワールドジャパンウエストで講演させていただきます!

「月100万売るネイリストはこうして誕生する!」

新しい試み、ワクワクしますね!

 

それではまた!

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP