• コラム
  • 2018. 05. 10

「ネイルプリンターについて」

皆様こんにちは!(朝ご覧の方、おはようございます!夜ご覧の方こんばんは!)

金沢です。

暑くなったり寒くなったり忙しい気候が続きますね・・・!

暑がりで寒がりな僕はいつもインナーをヒートテックにするかエアリズムにするか迷うところです。どちらもITとファッションの融合、素晴らしい製品!!

そしてついに我が家にZOZOSUITが到着しました!!

試着して買う派ではありますが、なかなか店頭にいく時間がないのも事実・・・このSUITがあれば店頭にいかなくてもジャストフィットサイズが買える!こちらもITとファッションの融合ですね!

早速スキニーを沢山買おう。

 

さて、今回のSixテーマはまさに「IT」。

 

「ネイルプリンターについてどう考えていますか?」

 

です。

 

結論からいうと、僕自身ネイルプリンターは大賛成です。

 

根拠としては2つあります。

 

【ひとつめ】

 

まず前提として、ネイル業界に限らず世の中は急速に

「IT化」

が進んでいます。これはもはや必然の流れであり、抗うことが出来ない波です。

「IoT(Internet of Things)」

※身の回りのあらゆるものがインターネットに繋がる、という意味

という言葉が普及するくらいに。

 

改めて身の回りでIT化になったものを思い浮かべてみましょう。

・サロンの予約 → 電話からウェブ予約へ

・電車などの運賃 → 切符からICカードへ

・お金 → 現金からクレジットカード、ICカード、、QRペイ。(仮想通貨も出てきましたね!)

・雑誌や漫画 → 紙からウェブへ

・メディア → TVや新聞、CMのマスメディアからInstagram、Twitter、YouTubeなどのオウンドメディア

 

と、身の回りをざっと見渡すだけでもこれだけのIT化が進行しており、既に生活にはなくてはならないものとなっています。

当然我々もその恩恵を受けているわけで、IT化を否定する余地がありません。

 

【2つめ】

 

よくネイルプリンターの話をすると

「ネイリストの仕事を奪う悪いもの」

 

という言い方をされる方がいらっしゃいます。

 

そういう考えがあるのも否定しませんが、僕はむしろ

「ネイリストの活躍の場を増やすもの」

 

と考えています。

 

というのも、今現在ネイルサロンに通っている女性の割合は、女性全体の

僅か5%

 

です。

※美容室へは女性全体の85%の方が通っていると言われています。

 

我々にとっては

「ネイルサロン」

は当たり前のものですが、その当たり前は5%でしかないという事実。

残りの95%の女性の方にはほぼリーチできていないからです。

 

我々が思っているほど、ネイルサービスはまだ一般的なサービスとはなっていないのです。

今だからこそ、我々ネイルサロンは今まで当たり前にやってきていたことを見直す必要があります。

 

なぜネイルサロンに通わないのか、その理由も明白になっています。

・ネイルは時間がかかる(ネイルサロンへの滞在時間限度は57分と言われています)

・高いイメージがある

・そもそも仕事がネイル禁止で土日しかネイルが出来ない

 

これらの通わない理由を解決できるもののうちの一つが、僕はネイルプリンターだと思っています。

そうです、ネイルプリンターは今ネイルサロンに通っていらっしゃる方に向けたものではなく、ネイル未体験の方や通うのを辞められた方に向けた

「ツールのひとつ」

 

です。

 

まず我々が行うべきは

「ネイルサロンに通う方を増やす」

 

ことであり、裾野を広げていくことです。

 

「もっと気軽に、手軽に、短時間でファッションと融合させながらネイルが楽しめる」

 

そのネイル需要は大いに存在しています。

そうやってまずはネイルに触れていただくことで、自ずと

 

「人が行うネイルサービス」

 

に興味をもち、本格的にネイルサロンに通うようになる方が増えてくる、僕はそう思っています。

(好きなアーティストのライブ、最初はDVDや動画で楽しんでいても、やはり生ライブが見たくなりませんか?

「生でしか感じられない空気感」

は絶対ありますよね!でも入口はDVDやCDなんです。ネイルも同じです!)

如何に入口のハードルを下げて

 

「普段の生活に当たり前のものとして入っていけるか」

 

がネイルサロンにとっての課題だと思っています。

(まだネイルは贅沢品のひとつです)

 

というような考えを僕自身が2年ほど前から持っており、

ついに新しい会社を立ち上げました。

 

STAMPNAIL.,Co.Ltd

 

webはこちら(http://stampnail.jp/

(まだHPは作成中です。じきにもっとかっこええやつになります(します))

こちらの会社は

 

「ネイルアートの可能性」

 

をひたすら追求していっています。

その中のひとつに

「DIGITAL NAIL ART」(商標登録申請中)

 

があり、我々は様々な種類のネイルプリンターを使用してきました。

(世界で一番色んな種類のネイルプリンターを使いまくっている自信があります!)

 

そして、DIGITAL NAIL ARTしかやらない専門店を銀座に作りました。

 

世界初、DIGITAL NAIL ART専門店

「the dnart by STAMPNAIL」

 

webはこちら(https://www.dnart.design/)

 

こちらで提供しているデザインは全て弊社のスタッフがネイル用に

「デジタルデザイン」

 

を作っています(僕も密かに作っています)。

 

既にファッションや流行に敏感なインスタグラマーの方にもご愛顧いただいていたり、

今話題のオシャレ女子ファッションウェブマガジン

「itSnap」

 

https://magazine.itsnap.jp/

(掲載記事はこちら

に取り上げていただいたり、

また様々な企業からコラボの話を沢山いただいたり可能性は無限大です。

デジタルになったとはいえ、デザインはネイルを知り尽くしたネイリストが行っており、

デザインの先が

「直接爪からデジタル」

 

へ変わっただけです。

しかも、直接爪にやっていたら2時間はかかるようなデザインも、たった数分。

今までネイルサロンに通えなかったお客様や、通うのを辞められたお客様に大変ご好評いただいております。

 

 

つまり、

「ネイルプリンター」

の存在は

・よりネイルサロンに通う人を増やす

・手書きのネイルの良さに磨きがかかる

でしかありません。

 

僕にとっては

「商材の一部」

でしかなく、活かすも殺すも扱うもの次第です。

 

 

ということもあり、我々STAMPNAIL.,Co.Ltdでは今後更に飛躍するものを打ち出していくつもりです。

まだ言えないどでかいワクワクするような事が沢山あります・・・!)

 

こちらのコラムでは何度もお伝えしていますが、僕にとっては全て

「ネイリストの地位向上」

 

のためであり、活躍の場を増やすためです。

 

詳細情報は今後Facebookを通して発信していこうと思います。

(お友達申請歓迎!まだ始めて半年くらいです。こちらからどうぞ!)

 

それでは今日はこの辺で・・・

また次回!

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP