• コラム
  • 2016. 03. 19

大切なものは”何”ですか?

 

こんばんは♪

 

先回の続きがある事をすっかりお伝えし忘れました。

まだ見てない方は、こちら⇨ 決断の真意 ~メーカーに属さない理由~  

 

 

遡るは3年前でしょうか。

某メーカーのアートデモンストレーターとして、1年弱活動させて頂く機会がありました。

 

東京はビッグサイトでのBWJ、そして東京で開催されたセミナーにて…

その時のメンバー。

 

IMG_3112

心斎橋の人気ネイルサロン ManiCloset 筒井オーナー

騒がしい2人に挟まれ、何とも言えない表情はb-first 鈴木社長

 

業界で著名なお二人に、私の事を認識して頂いたほぼ初めましての時。

そして、このお2人には後にも先にも、”ご縁” があったのだと私は思ってます^^

 

 

そしてこのセミナー時。

この先起こる大変な事態の予兆があった訳です…

 

 

***********

 

 

このセミナー(6月)の半年後、一つの事件が起こりました。

 

 

『メーカーの突然の解散』

一通の手紙と共に、”12/○を持ってこの事業は解散致します” と。

 

 

いやもう、大変な事です。

このメーカーは代理店契約のシステム、私もその中の一人。

有料契約をしたサロンオーナーさん達でLINEグループが組まれ、大炎上

 

1日に何十人もの交わすメッセージで、大変なことになりましたよ。

 

 

その中では、”裁判”やら”お金”の事やら、”代表の文句”やら

皆の怒りで大炎上してしまいました… そりゃ、そうだ。

 

 

私は、そのやり取りの中で ”自分の想いはちょっと違うな…”と。

自分の想いを堪らなく話したくて、直ぐさま会う約束、そして2日後に突撃訪問。

 

⚫︎その時書いて下さった記事⚫︎

⚫︎突撃訪問先はこちら⚫︎

 

 

結論を言えば

 

私は、確かに代表の安易な行動に遺憾な気持ちだった事は確か…

だけど、解散後のクレームを受けるのは全て、、、

商品を良くする為や、セミナーやイベント会場で沢山お世話になった事務局の女の子達

 

 

ネイリストと幹部の間に板ばさみになる女の子達に、届くはずの無い愚痴を聞かせたくなかった…

そして、終わった事に何を言ってもプラスにはならない事

 

 

人を責める前に、自分はどうだったかって見つめようと思いました。

 

だって、その商品を取り扱う事、その仕事を引き受けた事を決めたのは”自分”だから

だから、終わった事にスポットを当てるのでは無く、先を見よう。

 

この経験や出会いはお金を出しても買えるものでは無いから、ポジティブに捉えよう。

悪かったこと、改善できなかった事、受け止めて次に活かそう。

ただ、前を向きたかった。

 

 

こんな事って実際にあるんだ。って経験と言う、実際に体感した勉強になりました。

もしかしたら、この先もこんな事があるかもしれないし、実際起こってるかも…

 

 

そうなった時、何が残るんでしょう?

残ったのは、潰れたメーカーのネイル商材の在庫と虚しさ、そして人によっては怒りだったり。

 

そして、”自分が良い物だと伝えた方に対しての誠意と謝罪”

それだけです。

 

 

だからこそ、”私たちにとって 何が1番大切な事なのか”

前回の記事を改めて読んで頂きたいと、そう願います。

 

 

L’amie

孫崎久美子

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP