• コラム
  • 2016. 04. 20

♯SNIPS、由藤さんからマナブコト。

 

先日

SNIPSのトップヘアスタイリスト兼オーナー。

由藤(よしふじ)さんのセミナーを受けてきました。

 

http://www.snips-net.com

http://ameblo.jp/hideki-yoshifuji/

IMG_1872

左脳から入り

右脳へとつながるプレゼンテーション。

 

そのあとの実技。

 

って。

確かわたし・・・ネイリストでしたよね(笑)

 

だけど。

以前尊敬する方に言われました。

 

「ネイリストも、美容師」

人を美しく彩ることに、変わりはありません。

 

そして私、何かを学ぶ時。

大切にしていることがあります。

 

あくまでどんな内容であっても

同じようなセミナーがあったとしても。

 

それを

「誰から聞くか」に最も重点を置くこと。

 

なぜならこれにより

頭と心への落とし方が

全然変わってくるのです。

 

IMG_1868

 

由藤さんは。

思ってた通りの方でした。

 

飾らない偉ぶらない。

自然体で半端ないオーラ。

 

だけど正直

そのプレゼンは

こんな感じかなと思っていた想像をはるかに超えて

ものすごい知識と説得力。

 

まさかそんなところまで勉強されているのかと

期待を大きく超えました。

 

IMG_1872

 

まさにカリスマ。

 

そしてはっきりこう言い切ります。

 

「技術が好きだから」

 

誰もが口にしそうな言葉に

なぜか強烈なインパクトを感じ。

 

思わず自分も

同じようなアングルで口にしたくなる(笑)

 

そんな

圧倒的なカリスマ性。

 

 

IMG_1873

 

技術や知識を教える側。

いわゆる、「先生」と呼ばれる人。

 

先生ってなんなのか?

この時強く思いました。

 

私も恥ずかしながら そう呼ばれることもございますが。

正直

先生と呼ばれることに

強烈な抵抗がございます。

猛烈な違和感を感じます。

 

「筒井さん」そう呼んでくださいと。

いつも自分から言うほどに。

 

先生だからといって、

空気のように軽い荷物までもたれたり。

先生だからといって、

みんなが並んでるのに、その脇を通り抜けたり。

先生だから

優遇される?

 

もし

先生がそういうものだと

そんな認識だけが先に行っているのなら。

 

目的が違う。

 

〝先生にはそうする〟ではなくて。

〝先生だからそうしなきゃ〟ではなくて。

 

自然とそう。

この人にそうしてあげたいと。

心から思うかどうかであり。

 

先生だって、自分のカバンぐらい自分で持てます(笑)

 

その気持ちはぜひ。

目の前にいるお客様にお届けすべきだと。

 

 

私は強く、思うのです。

 

IMG_1867

 

受け手側の認識はすべて

発する側・伝える側が作ってしまう。

 

作り上げてしまう。

 

先生ってそういうものなんだって

思い込ませてしまったり。

そうされることが、当たり前になってしまう。

 

 

もし

「先生って何ですか?」

 

そう聞かれたら。

 

あくまで私は。

ものを教える。

ことを教える。

想いを伝えて。

明日からの力に変えてもらう。

 

悩みを受け止めて、解決できるきっかけを作る。

 

この仕事でもっと活躍したいと

思うきっかけになれたり。

この人から学びたいと思わせる

圧倒的な説得力を身につける。

だから日々の積み重ねを忘れない。

 

そして何より

教えることで、自身が学ぶことができる人。

 

それが私が思う、先生という立場。

 

先生=偉いって概念。

そろそろ、捨ててみませんか?

 

Processed with VSCO with b5 preset

Processed with VSCO with b5 preset

 

私は、髪を切ったりはしないけど。

由藤さんのセミナーを受けて。

 

確実に

カウンセリングが変わりました。

 

メンバーへの気持ちも進みました。

 

クリエイションって仕事をしていることを

もっと誇りに思おうとも。

 

「異なるジャンルにいるから」

そんなこと関係ない。

 

当たり前にあることが

当たり前じゃないんだと気づかせてくれたことが。

 

今回由藤さんのセミナーを受けて

一番自身が学んだことです。

 

教わったことです。

 

これをしっかり胸に留め。

教え教わる自分であるよう。

 

これからも  頑張ります♡

 

そしてまた一歩

 

踏み出します。

 

由藤さん、ありがとうございました!!!!

 

RIMG1153 RIMG1155 RIMG1157 RIMG1159 RIMG1162

 

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP