• コラム
  • 2016. 04. 25

♯もっと磨こう!!

 

みなさまこんにちは♡

ネイル大学ウェブサイト、4回目の寄稿。

 

※写真は、いらぬカメラ目線小西パイセンのお足元で

技術レッスン中の新人森さんの図。

髪、くくろうね(´Д` )

IMG_2012

 

今回の投稿でお伝えしたいことは、

最近思う

〝磨く〟ということの素晴らしさ。

 

私。

ネイリストになると決めて

このお仕事について一番初めに受けたセミナーは

松田陽子先生の3Dアートセミナーでした。

http://matome.naver.jp/odai/2142700140825764301

※NAVERまとめより引用

 

c857295b-d09e-4723-b82d-6d7a72526ce9

↑ …もはや神というよりは異次元の領域。

 

最初に見た作品に衝撃を受け

ワクワクしながら

セミナーを受けたもんですよ。

 

それまでの自分は

技術を磨かないと!!

早く早急に!!

 

そればっかり頭にあって。

自分の足元なんて全く見てもいなかった。

 

だけど先生のセミナーを受けた時。

教室に入るなり、先生が発した一言は。

 

「道具、綺麗にしてください」

 

ドキーーーーーーーーッ(´Д` )!!!!

 

(あ、私じゃない。隣の人だ)

 

そう思い安心したのも束の間で。

自分の道具を見ると

猛烈に乱れてる。ダストまみれ。

前の人を見ると

道具超絶綺麗!!

 

なんかよくわからないけど

モーレツに自分が恥ずかしくなった。

 

RIMG1183

 

それを今でも覚えています。

 

ただその時は、

〝教えてもらうから道具を綺麗にしておかないといけない〟

ってなぐらいにしか思っておらず。

 

見つからなかったのをいいことに。

コソコソ道具を掃除してました(´Д` )

 

ダメなやつです、私。

 

そして数年経って

少し技術ができるようになって。

 

お客様からのご指名をたくさんいただくようにもなったらば。

 

〝心に余裕がなく、お道具が綺麗じゃない時の施術スピード〟

〝心に余裕を持ち、お道具をピカピカにしている時の施術スピード〟

が。

 

歴然と違うことに、顎が外れそうになりました。

 

お道具を磨く余裕が全然なくて

なんだかネチャネチャの筆をお客様の前にご披露することが

恥ずかしくてたまらなくなりました。

 

って気づくのおせーよ!!! ガクブル(´Д` )!!

 

RIMG1184

 

そしてその時は実に

松田陽子先生のセミナーを受けて

3年が経過していました。

 

そしてようやくその時

先生がおっしゃっていた

「道具、綺麗にしてください」

 

その言葉の真意に。

 

気づくことが、できたのです。

 

技術より何より先に

先生がそれを発した意味が。

理解できたのであります。

 

中国の思想家

孔子の歴史にこんな言葉があります。

 

「物事は、聞いた後に忘れ

見た後に覚え、やった後に理解するものだ。」

 

「完璧な仕事をする人間は

まず、道具を磨く。」

 

セミナーを受けたその時には

理解できたつもりだった。

わかっているつもりだった。

 

だけど数年を経て、自分がそれを身をもって経験することで

その本当の意味がわかる。

 

そしてようやく、その大切さと、その価値に気づく。

 

だけどそれって、手遅れなんだろうか?

遅いんだろうか?

 

いいえ私は。

そうは思わなくて。

 

その空白は。

 

自分がちゃんとそれを理解するために

必要不可欠だった時間。

 

そう、思えて仕方ならないのです。

 

RIMG1185

 

そしてそんなきっかけをくださった先生に

その時ようやく

本当の「ありがとうございました」を

心の中でつぶやきました。

(心の中かい(´Д` )!!)

 

そして

そんな気づきで、さらに気づいたことは。

 

クリエイションの軸は、人。

お仕事を生み出す軸も、人。

 

道具や技術ももちろんの事、

〝人〟そのものが磨かれていること。

 

心が満たされ、クリアであり

だからこそいいクリエイションができ

いい仕事ができる。

 

だけどそれは勝手気ままに誰かが磨いてくれるのではなく。

あくまで磨くのは、自分自身であることを。

 

RIMG1186

 

 

私が尊敬する

リブセンスの村上社長の経営理念。

http://www.livesense.co.jp/company/sense.htm

 

〝幸せから生まれる、幸せ〟

 

ogp_thumb

 

この言葉のごとく。

 

自分を磨き、高め。

そして生まれた心の豊かさや温かさを

また誰かに届ける。

 

そんな

〝磨き〟が人生にとっては実に。

 

必要なことだと実感しました。

 

 

技術を磨こう。自身を磨こう。

そして自信を磨き。

まずその前に

 

….お道具を磨こう(´Д` )!!

(やっぱそこなのね!)

 

みなさまいつもお忙しい中

ネイル大学ウェブサイトでの投稿をご覧いただき

本当にありがとうございます!!!

 

 

それでは本日も

1日、しっかり自身の足で歩いて歩んでまいります。

 

※写真は、いらぬカメラ目線小西パイセンのお足元で

技術レッスン中の新人森さんの図。

髪…………(´Д` )

IMG_2012

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP