• コラム
  • 2017. 02. 10

♯創業の、心。(注意;若干辛口記事です)

みなさまおはようございます♡

〝幸せから生まれる美しさ〟

が経営理念の

マニクローゼット

ミントバイマニクローゼット

2ブランド代表取締役。

 

筒井のぞみでございます。

 

 

長らくご無沙汰しておりました(笑)

 

今回のネイル大学のブログ投稿は

オーサー統一テーマであります

〝価格の理由〟

について書きたいのではございますが。

 

タイトルにあります

〝創業の心〟

 

ここから随分遠回りをしてw

着地をテーマに合わせていきます。

 

しばらくSNS離れしていた私は

最近

これが本当に大事だなと感じる瞬間に

出会うことが多くなりました。

 

冒頭でも使わせていただいた

写真に写るこのお方。

 

 

カレーハウスCoCo壱番屋創業者

株式会社ライトアップ代表取締役

宗次徳二さん。

 

私が猛烈に好きな方。

 

カレーハウスCoCo壱番屋の創業者。

 

 

正直どんな方かを

よく知っているわけではございませんので

(↑そりゃそうだろしかし( ´Д`))

何が好きかと言われると

 

本当のところはわかりません。

(↑どないやねん( ´Д`))

 

だけど

この方の本を読むと

書いてあることのすべてが

直結してお客様に繋がっていて。

 

そしてほとんどが

FC店舗であるCoCo壱番屋。

いろんなカラーがあるのにどこかに

この方の心が見えるようで。

 

何より。

 

お話を聞かせていただくのは2回目ですが。

 

時代が流れトレンドが変わっても

どんな場所に行こうと何があろうと

永遠にブレることはないのは

〝創業の心〟

 

その原点を

思い出させてくれるから。

 

今回のオーサー共通テーマであります

〝ネイルサロンの価格の理由〟

 

テーマを頂いた時

正直戸惑いました。

 

 

だって

自分自身が

今のマニクローゼットの価格に

最初から綺麗すぎる理由をつけて

設定してきたわけじゃないからです。

 

私がどんなお店にしたかったか

 

ただそれが、マニクロの原点だからです。

 

語弊があるかもしれませんが。

↓以下からちゃんと説明します。

 

最近こんな

〝やり方〟のセミナーをよく目にします。

 

・売上アップの秘訣!

・客単価をあげるには?

 

このプロセスの中に

大切なベースがあるなら別ですが。

 

そんな簡単なものなん?

これを見たお客様は、

一体全体どう思うんやろ。

 

エンドユーザーのことにまで

目がいってないやん。

 

やる人より前に

主催する側に物申したい( ´Д`)!

やる前にやる人に教えてあげて!

 

単価を上げる

売上を上げる〝やり方〟って何?

 

ほんま頼むからやめてくれと

口では言えないミジンコ( ´Д`)なので

心の中で強く思う。

 

なんとなくそれが

利他には見えず。

 

決して

セミナーそのものを

否定するんじゃないですよ。

 

 

かくいう自分も

 

正直単価にはこだわってきた。

 

だけどそれが目的じゃない。

その前には

ずっとずっと大切なことがある。

 

〝価格をつける理由〟や

〝サロンの価格の理由〟

なんて。

 

お店を創る側の、想いがどこにあるかだけ。

 

そこに

〝どれほどのお客様が感動し、

あなたが好きだと、ついてきて下さるのか〟

だけ。

 

なのに。

それを忘れてませんか?

 

 

 

やり方よりずっと以前に大切な軸は

 

・お店を創る側が、ただシンプルに

〝どんなお店にしたいのか〟

・それに伴い、何が必要であるのか

・もしあなたが目指すお店がこだわりのあるお店であれば

それをどう形にするかを考えて

・実際にそれをお客様が感じていただけるようにする

・他がやってない、思いもつかない付加価値が必要で

・人間力なんて当たり前、〝圧倒的な〟何かが必要で

・痛烈で

・実際に血を(じんわりでもブシュ!っとでも( ´Д`))

滲ませる努力が必要

 

そして何よりここが一番大切。

 

お店を創る人が

何より価値のある人を目指す。

 

私は一番に、このベースがないならば

こだわりある高単価なお店なんて

やるべきじゃないと思う。

 

目的を変え、定額でもいい。

目的を変え、目に見える価格でもいいい。

 

先に

ビーファーストの鈴木社長がおっしゃってたことも。

集客先行の、お店作りも全然ありだと。

 

だけど本当に最近

大切なことをスルーしてしまっているように

感じることが多くって。

 

SNS発信がどうとか、価格をあげようとか

 

 

悲しくなる。

 

あ、もちろん発信は大切なんですよ。

だけど

 

〝順番が違う〟

 

そんな中で会った宗次さんが何度も発していた言葉は

〝超お客様第一主義〟

〝超現場第一主義〟

 

会って感じることは

全くチャラチャラしていない。

 

 

宗次さんがトレンド感いっぱいで

時代の流れに

抜群に追いついているかというと。

 

どうもそうじゃない

(ほんまスンマセン( ´Д`))

気もしますけれど。

 

この方そのものが、魅力的で。

ここに、価値がある。

 

お店を創る人が、何より価値のある人である。

 

だからこそ圧倒的で

前人未到。

 

 

そう

感じて止まない。

 

だから人は惹きつけられ

人が集まる。

 

誰もやってない努力に向き合い

価値を上げるのはまず〝自分〟から。

 

だと。

私は思います。

 

それぐらい

自分も失敗して

誰かを傷つけて、自分が情けなく。

 

不甲斐ない思いをしてきたからこそ。

 

そしていまだし続けている

未熟極まりない弱小トップの私であるからこそ。

 

わかる。

 

 

全てが便利になった分

立ち返るのはどこであろうかと。

 

 

そんな風にこれからの在り方に向き合ってたら。

 

お店の中で見直すところが多く見つかり

目指すべき新しいフィールドに

猫まっしぐらになっており!!

 

大変忙しい毎日を過ごしてます!!

 

・・・だけどまた時々戻ってきます。

 

〝書きたい想い〟が集結して

数を稼ぐのではなく

〝中身ある〟記事が書けそうならば。

 

それが

私の原点、創業の心。

 

マニクロの心。

 

〝かっこよくて、唯一無二。こだわりのある〟

 

お店創りと、自分創り。

そして何より

お客様とスタッフを何よりも

これからも大切に歩んでまいります。

 

また長々と失礼致しました。

 

いつか

大好きな宗次さんが

ブログとかやってくれたら面白いな!

 

想いがもっと知りたいから!

 

って

ちょっと思ったりもします♡

 

だって

この方そのものが魅力的だから。

 

だから

知りたい。

 

スバリ、これ。

 

次回のネイル大学ブログも

どうぞお楽しみに♡

 

いつもご覧いただき、

心より感謝申し上げます♡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、ネイル大学マガジンの人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP