• コラム
  • 2017. 03. 04

♯やりがいに、迷った時は。

みなさまどうもこんにちは♡

 

〝幸せから生まれる美しさ〟

が経営理念。

マニクローゼット

ミントバイマニクローゼット

2ブランド代表取締役

筒井のぞみでございます。

 

IMG_6051

 

私、ちょっと髪が伸びました( ´Д`)!

(↑どーでもええわ)

Processed with VSCO with f2 preset

 

そして、お店のディスプレイが変わりました( ´Д`)!

(↑それは素敵( ´ ▽ ` )♡)

 

そんなウキウキな空間で。

 

私が先月

一番感動を覚えたお話を。

 

ネイル大学ウェブマガジンにて

お伝えさせていただきます♡

 

そう、先月私は

とあるパティシエの方のお話をお伺いしました。

 

ずっとずっと

お会いしたかった方。

 

インスパイアされてきた方。

 

聞けばその方

現在はお仕事の傍ら

小学校に行って

講義をされているとのこと。

 

 

ん( ´Д`)??

 

講義の対象が小学生って

パティシエの専門学校でもないし

それを目指している子どもたちばかりじゃないだろうし。

 

パティシエの素晴らしさを伝えて

みんなが共感するんだろうか?

 

っと。

ふと湧き上がったこの疑問。

 

 

この方は子どもたちに

どんな想いで

講義をされているんだろう。

 

その核心に触れる隙さえなく

どんどん進む話。

 

(質問したい。)

(聞いてみたい。)

 

そんな風に思ってた矢先。

私の想いが伝わったのか?

(↑ポジティヴ( ´Д`))

 

その方が、その核心に触れて下さいました。

 

 

それを聞いた時。

 

なんだろう

胸の奥の奥から

頭の後ろの方から?

ジンジンと込み上げる

シビれるような感覚にとらわれました。

 

〝心が震える〟

 

って言うんですか?

 

こんな人がいるんだって。

ああ かなわないなって。

(↑え( ´Д`) 勝負挑んでたのw?)

 

素直に、

めっちゃくちゃかっこいいなって思えて。

 

心が突き動かされるというか。

これを誰かに伝えたいというか。

 

そんな感覚にとらわれました。

 

私が

心震わされたその方が

小学校で〝教える〟理由。

 

それは

パティシエという職業の素晴らしさや

創作することの感動を

子どもたちに伝える。

 

それに加え。

 

人材育成に悩みながらも

素晴らしい人が育って欲しい。

どうすれば想いあるパティシエが育ち

感動を共有できるのかと

 

悩みに悩み抜いた末。

 

輝ける原石である人材が。

まだその想いを抱くずっと前。

 

全てを、一番素直に吸収できる

幼少時代を過ごす〝学校〟という枠の中で。

 

想いを伝えることができたなら。

 

何か

変えられることがあるんじゃないのかと。

 

〝教える〟ことをそこからスタートすれば

いつか

その子たちが大人になり

仕事をするようになった時。

 

今よりさらに

もっともっと輝ける想いを持って

素晴らしい姿勢で

仕事に望んでくれるんじゃないのかと。

 

そんな想いでその方は

小学校での授業へと

辿り着いたんだと。

 

 

何を伝えられるわけじゃないかもしれない。

何ができるわけじゃないかもしれない。

 

だけど。

 

誰かにとっては無意味に思えても

自分にとってどうか。

どれほど果てしないことであっても

自分にとってどう在るか。

 

それが

この方の生き方で、やりがいなんだって。

 

ものすんごく強烈な感動を覚えました。

 

それがどんなことであろうと

信念があって、その想いを行動に変え

突き進んでいる人は

かっこいい。

 

私はそれが

やりがいだって思います。

 

ネイリストにとってのやりがい

他の職業にとってのやりがいも。

 

やりがい=その人の生き方。

やりがい=その人の活き方。

やりがい=その姿勢。

 

誰にどう左右されるでもなく

どんな小さなことだって。

それを

自分の力で見いだすことが大切。

 

ただ、ものすごくシンプルなこと。

 

私が出会ったその

最高のパティシエの名は

小山さん。

 

「小山進」の画像検索結果

エスコヤマのオーナーパティシエ。

 

私がここ最近

一番

心震えた出来事。

 

Processed with VSCO with g1 preset

 

これ

ずっとこのブログに書きたかったんですが。

久々に何から書いたらいいかわからなかったぐらい

その想いに、幸せを覚えたこと。

 

忘れません。

 

私、この人に影響受けてきて

ほんまに幸せやん!って

思えた瞬間を。

 

忘れない。

 

やりがいに、正解なんてない。

 

私のやりがいだって

誰かにとってもそうであるかなんて

そんなことない。

 

ただ、自分がどう在るか。

 

それで

同じものでも、見え方は変わる。

 

それでいいんじゃないかと思います♡

 

ではでは皆様

また次回のネイル大学ウェブマガジンで♡

 

お会いしましょ♡( ´Д`)♡

 

いつもこのような長文をwお読みいただき

本当に有難うございます♡

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP