• 経営
  • 2017. 10. 08

“閑散期”対策

大変難しい記事テーマを頂きました(汗)

Six by ネイル大学では、書くテーマが決まっており、1つの同じテーマを6人のオーサーがそれぞれ違う価値観で記事にしていく…というなんというハードな取り組み(笑)

経営哲学に合っている間違っているが無いとはいえ、株式会社ビューティースマイルがやっていることが果たして読者に受け入れられるのだろうかという不安もある中、時には突拍子もないことを書かせて頂く場合があることを先にお伝えしたいと思います♪

 

閑散期対策=フット需要が落ち着き、12月までのこの時期の捉え方と使い方

ということで

かれこれ3年前くらいになりますかね・・・

閑散期に売上を上げようと頑張ることを諦めました。

(´◉◞౪◟◉)

 

それまでは閑散期を作らないように、なるべくアップダウンがないように経営努力をしてきました。①閑散期前には対策をして、②閑散期中には物販オプションに意識させたり、③閑散期後には次の閑散期に備える…

本当にいろいろやりました。

会社としては…チラシ配り、特別割引、くじ引き、景品粗品の贈呈。

ナンバーズ宝くじをやって、1等にはレイコップ♪加湿器♪みたいなこともそういえばやったなぁ(笑)

スタッフも…次回予約の徹底、物販キャンペーン、単価アップやオプションの意識付け

私も、スタッフも、全員で取り組み、何年も繰り返し、繰り返し…でもなかなか数字で表れるような思ったような効果が得られない…

 

そこでよぎった私の疑問

「もしかしたら閑散期を無くすということ自体、無理なんじゃないか?」

 

とりあえず私は、閑散期の勉強をしてみました。

本を読んだり、経営セミナーに行き…そこで「8:2の法則」を知りました。

経営にはすべてにおいて8:2の法則があるということ。

例えば売上の80%は20%のお客様が作ってくださっている。ということは、閑散期関係なく毎月何度も通ってくださるお客様は20%で、残りの80%のお客様は、数カ月おき or 長期休み前のみ or イベント前 など…消費者ニーズの季節変動があって当たり前である、という仮説を立てました。

さらに、もう一つの学びとして、ネイルサロンだけでなく、たとえば美容室、飲食店、アパレル、小売り、建設業、不動産業、製造業(下請け含む)…ジャンルがまったく異なる経営者さんたちに「閑散期はあるのですか?」「どのような対策をしているのですか?」と聞いてまわりました。

すると、全業態、すべてに閑散期が存在することも知りました。

もちろん他業種の経営者の皆さんは、閑散期対策をそれぞれしておりましたが、その中で一番心に響いたことを言ってくださった方がおりました。

それはコンサルティング会社の経営者さん。まぁ、いわゆる経営のプロですね。その方がこう言ったのです。

「閑散期は必ずある。弊社もある。しかし単月で考えるのではなく年間で考えて利益が出ていれば良い。むしろ弊社は赤字が出ることを予測して赤字目標を立てる月もある。しかしその月はじっと耐える種まき時期で大切な準備時期である。繁忙期に一気に収穫できれば問題がないわけです。」

この言葉を聞いて、私は感銘を受けてしまい、影響されやすい私は(笑)

閑散期にこんな取り組みを推奨するようになりました。

 

↑今月オープン予定の韓国店。LUXXE seoul .韓国にも閑散期は存在するみたいで、今、韓国は国全体が10連休中♪

 

【9月10月11月のサロンの取り組み】

①売上目標を損益分岐点ギリギリくらいに下げる

※もちろん単月で利益は出ない

②有休をたくさんつかってもらいパワーチャージ♪

※弊社では公休組み合わせで最大8連休が可能

③忘年会に向けて余興練習をしてもらう

※チーム対抗で優勝チームにはディズニーチケット♪

④セミナーやネイルエキスポなどみんなで行き、商品開発時期とする

⑤原価や経費を極力抑える

 

種まきですので。

本当にこの時期にしかできないことをして、繁忙期に一気に刈り取れるよう準備をします。

そして、経営者の私は、この時期に一番大切な仕事をします。5月31日決算のため、来期の経営計画を立てます。

ちょうど今、2018年6月1日からの経営計画を立てている真っ最中です。決算書や財務3年計画も含め、まず地域の経営者さんや、銀行に見てもらいアドバイスを受け、軌道修正し、年始には幹部さんたちにお披露目をするのです。

 

それと、閑散期の勉強をしていて、一番近くに良い閑散期対策がありました。それは同法人で経営している【保育園】です。

↑保育部門の先生たちです♪22歳~65歳まで幅広い年齢の女性が活躍中

 

保育園にも閑散期が存在します。4月~9月、約5カ月間の連続閑散期。4月の新年度は園児の定員が満員になることは実は無く、だんだん増えていき10月ごろに満員になります。

むしろ次年度の4月入所の為に、願書受付が11月になる日本のスケジュール上、慣らし保育などの保育園のニーズが高まるのが10月~3月なので、10月以降が繁忙期になります。

これは嬉しい誤算でしたが、ネイル等の美容部門が10月11月が閑散期でも、保育部門が10月11月に繁忙期に突中します。

株式会社ビューティースマイルは、人と人とが助け合うことを一番大切にしておりますが、業績に関しても助け合い、補い合い、経営をしております(*´▽`*)

今回も長文になりましたが、ご一読いただきありがとうございました。


★10月16日のビューティーワールドジャパンin大阪 セミナー告知★

閑散期の10月11月に、ビューティーワールドやネイルエキスポが開催されるということは、ディーラーさんやメーカーさんの繁忙期は10月11月かもしれませんね(^_-)-☆ たくさん買ってあげましょうね♡

10月16日の大阪ビューティーワールドで、Luxxe志都呂店の2名がクラスルームを開催します。

顧客満足度UP!!接客術とチームサロンの作り方というタイトルで、接客マナーの先生とコラボレーションしたセミナーです。みなさん是非遊びにきてくださいね♪

http://beautyworld-japan-west.jp.messefrankfurt.com/osaka/ja/visitors/events/nailuniversity.html

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、ネイル大学マガジンの人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP