• コラム
  • 2018. 04. 30

ネイリストになった方へのエール byビューティースマイル

4月1日から早1カ月が経とうとしています。

新入社員で入ってきた方は1カ月、どんな気持ちでいたでしょうか?

技術練習が上手くいかなくて、上手くいっている同期の事を喜べなかったり…

初めての入客で、お客様の顔色を見て、少し落ち込んでしまったり…

ネイリストとして期待、希望いっぱいで毎日が楽しい人…そうでない人…

たくさんの気持ちを想像いたしますし、お察しします(*´▽`*)

 

株式会社ビューティースマイルでは、新人研修が毎週8時間行われ、約50時間のOFFJT(座学研修)をします。今年のカリキュラムは以下↓

①会社の歴史・理念、行動規範・ルールブック

②技術者として・チームワーク

③自分を知り会社を好きになる心理学・敬語勉強会

④ビジネスコミュニケーション・プライベートのオンオフ

⑤入社式・総括

ネイリスト、アイリスト、保育士、エステティシャンすべての新人さん達が集まり一緒に勉強をします。そして各項目は、それぞれ各店舗の店長が担当し、自分の一番新人さんたちに教えたいことを教えます。なので毎年カリキュラムは時代とともに伝えたいことが変わるので、変化していくスタイルです。

 

そして、カリキュラムの最後に入社式があるのも不思議だと思った方がいたと思いますが、、、

4講義あたりで「では今、辞めたいと思っている方は有期契約期間なので期間満了で辞めて頂いても大丈夫です~」と明るく伝えます(笑)

 

えっ?( ゚Д゚)

 

だって理念やルール、今後の会社の方向性を聞いて「ちょっと合わないかも」と思った人がいたら可哀想だし…。

 

↑ 保育部門の管理責任者がビジネスコミュニケーションの講座を開いてくれます。
たとえば今年は「上司に何か報告・相談・連絡したいときは何についてなのか結論から言う」「上司の大切な時間を頂いているという気持ちを持つ」などを教えてくれました♪

 

今回は、ネイリストになった方へのエールということでしたので

このすべてのカリキュラムで心に残っている言葉(by店長)を、このブログで是非紹介したいな、と思います。

これからネイリストになる方に、少しでもお力になれれば…と思います。

 

「もし、怒られたとしても、それはあなたの事が好きだから。

忘れないで。」

今の若い子たちは、少しキツく指導してしまうと嫌になってしまう、ということを聞きますが、私もとっても両親に甘やかされて育ったので(笑)

ゆとり世代の気持ちがほんの少し分かります。

怒られ慣れていないと少し怒られただけでも「自分のこと嫌いなのかな?」って思ってしまって、その後、なかなか心を開いて話せなくなってしまうんですよね。

そんなゆとり体質の私が、社会に出て20年になりますが、分かってきたことが2つあります。それは

「大人になり偉くなってくると誰も怒ってくれなくなる」ということ。(今だけの特権)

そしてこの世の中には、「人の為に怒らずに受け入れる人」と「人の成長の為にキチンと怒れる人」真逆の愛が存在しているということ。

を覚えておいてね。

どっちも、人の為。なのです。

 

あと、こんなことも言っていました。

「いろいろな先輩から違うことを教わり訳が分からなくなる、混乱する、何が正しいのか分からない」ということもたくさんあるけれど、先輩それぞれ、今までやってきて、自分が一番やりやすかった方法をただ教えてくれるだけだから、その中から自分が取捨選択していけばいい。

そう。先輩達がアドバイスしてくれるすべての事は、あなたの為、なのです。

 

「たとえ自分と違う考え方の人がいても
嫌いになったりしないで欲しい」
「自分とは違う意見を持っている人は
自分に無いものをもっているんだよ」

この言葉は、心理学研修で店長が伝えてくれた言葉ですが、この言葉が株式会社ビューティースマイルの理念のようなものですからね。

 

【経営理念】

一番に人を大切にする会社づくり~価値を認め合い高め合う~

 

間違えちゃダメなのは一番に人を大切にして(くれる)会社づくりではなく、一番に人を大切に(する)会社づくりであること。

入社したら幸せ♪という魔法の会社は存在しません。

人を大切にするって、1人1人の努力が必要なのです。

 

それが出来て初めて「みんな違ってみんな良い」

そんな世界が早く来るといいなー♪

 

ってことで、私たちと一緒に、素敵なネイリストになりましょうね(*´▽`*)

一人ではないですよ♪

みんなで頑張りましょうね( *´艸`)

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP