• コラム
  • 2018. 06. 15

人間 VS 機械

こんにちは。働きがいのある会社「ビューティースマイル」の高橋です。

今回は「接客を良くする仕組み」と前回のオーサーテーマの「ネイルプリンターについて」を合わせて投稿したいと思います。

 

株式会社ビューティースマイルは決してブレる事がない理念

【いちばんに人を大切にする会社づくり】

そして従業員満足があってこそ、顧客満足の最大化が実現する。という考え方があります。

 

しかし、従業員満足というのは単に優しかったり、福利厚生が充実していたり…だけでは叶わないのです。

“今が幸せだな~”と思えると、次には「自己実現欲求」いわゆる「成長欲」がムクムクと出てくるのです(マズローの欲求5段階説)

従業員満足を高めた次に出てくるのがこの成長段階です。

弊社がまさに今、ここの段階です。

接客を最大限良くするには「従業員1人1人の当事者意識」

「自らが創り出す」という自立心が必要

 

ここ数年、弊社も転換期を迎えております。

ブランドが立ち上がりオープンして7年が経過し、様々な時代の変化の中、苦難を乗り越え、様々な取り組みをして参りました。

大きな括りでは、

 

●ネイルメインからまつ毛エクステ導入 → エクステブームに乗り爆発的人気に

●従業員満足のために建てた無認可保育園 → 待機児童問題の流れに乗り認可化

●設立当時のリラクゼーションサロン → ホームケア販売と本格エステ化

●国内のサロン事業 → 韓国でスクール事業(第3次韓国ブームの到来)

 

およそ10年のサイクルで、時代は常に新しいものに変化しようとしています。

弊社は人の可能性をメインに事業が進んでいくので、従業員の退職が一番のリスクとなりますが

そこに信頼するという覚悟を持てば、人材が成長するのと比例して、7年間でとてもスピーディーな変化が訪れています。

 

↑ ネイル、まつ毛、エステ、リラクゼーション、保育園事業のみんなとの集合写真です♪ みんなのことが大好き(^_-)-☆

 

ネイル事業におきましては、この7年で

寝ながら施術ができるようにソファ席とテレビを導入したり、

金額の不安が無いように定額制の導入をしたり、

爪の健康を一番に考えてパラジェルの導入をしたり、

アートし放題の格安サロンをオープンしてみたり、

巻き爪矯正で足元の悩みを解消したり…

いろいろな事をやってきました。

 

これ等は、経営者の私が考えるのではなく、お客様と一番近い存在のネイリストたちの提案から次の戦略がスタートし形にしてきました。

お客様がどうしたらさらに喜んでいただけるのか?

お客様は何に困っていて、何があれば幸せなのか?

そもそもお客様はどこにいるのか?(顧客創造)

毎日、お客様と顔を合わせ会話ができるネイリストだからこそ

それを日々キャッチし、実現化。これも大切なネイリストのお仕事であると思います♡

経営者はネイリストの「やりたい」の背中を押して、会社は稼げる仕組みをクロッシングさせて商品化させていく。

これが、弊社の顧客満足&顧客創造の仕組みであると思います。

 

実は来週、ネイリストの店長&チーフとご飯に行きながら、次の戦略を考えていく会議をします♡

次はどんな変革が訪れるのか?私はとっても待ち遠しく楽しみです★

↑ 会社総会で美容、保育関係なく、韓国支店を応援するセレモニーを行いました★離れていても仲間なのです(^_-)-☆

 

さて。ネイルプリンターについてですけれども。

前置きですべて書いたとおりに、何かを作り出したり、新しいことを考え出したり

お客様のために考え抜く…というゼロをイチにできるのは人間しかおりません。

 

ネイリストは10年後無くなる職業…と噂されましたが、

ビューティースマイルの社内を見ればみるほど

ネイルプリンターや、AIの発達は、脅威ではなくなってきました。

 

とある知り合いのサロンで、ネイルプリンターを購入したお店があります。

しかし結局は、ネイルプリンターは物置に置き去りになっていました。

「効率的に金を稼ごう」

と、もし思って導入するのであれば、絶対にうまくいくことはないでしょう。

 

効率的に人の心を喜ばせる仕組みなんてこの世に存在していないからです。

結局は「想い」

そのネイルプリンターの事を必要、大切。と思えるような業態になっていくのであれば

その時は弊社も導入していくと思います。

 

機械や、物、道具、自然、すべてに「感謝の想い」を(^_-)-☆

 

以上です。

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP