• コラム
  • 2016. 03. 01

はじめまして。”THE 素人”です。

みなさん、はじめまして。

ですかね?

 

この度、「Six」by ネイル大学にてAuthorを仰せつかりました“鈴木貴之”と申します。

どうぞ、以後お見知り置きを♪

 

まず最初の投稿ですので、少々自己紹介を。

 

IMG_0323

 

僕は、愛知県春日井市という名古屋市のベッドタウン(要は田舎♪)で生まれ育ち、そして仕事場も今や“春日井”という語ることが好きな地元密着型人間です。

自慢できることといえば43年間、いついかなる時もフルスイングで生きてまいりました。

 

そんな鈴木の会社は“ブランシェグループ”という少々話題性に富む美容室を母体としたグループ企業の中にあります。

2015 入社式

はい。

そこそこの規模でございます♪

 

その中の一つである“ビーファースト”という名の、これまた何屋か良く分からない会社の代表をしております。

IMG_0058

美容室、ネイルサロン、アイラッシュサロン、訪問美容、イタリアン、焼肉屋、焼き鳥屋、みそラーメン専門店、ダイニング、美容学校、ネイル学校、保育園、化粧品製造工場、広告デザイン事業部、コスメ事業部、建築デザイン事業部、などなど。

 

これらが僕らブランシェグループの事業領域でございます。

 

あ、でも、僕ら美容室ですから。

基本。

 

 

10年前、僕は広告会社からこの美容業界に入りました。

転職理由は、自分の生き方に嘘がつきたくなかったので。

 

決してヘッドハンティングなどというカッコいいものではなく、年収360万円からのスタート。

給与なんて頑張ればなんとかなると思っていたので。

どうしてもこの業界で働きたかったから。

当時は今以上に“やりがい”に飢えていたね・・・。

 

僕の目にはこの美容業界で働く美容師さんたちは、自分と真っ直ぐに向き合って生きてるように映った。

自分が頑張れば頑張った分、お客様から支持され、心が満たされていく。

心だけじゃなく、懐も。

 

勝つか負けるかは全て自分次第。

楽しむか惨めな想いをするかも自分次第。

 

このシンプルさに僕は惹かれて、この業界へ進むことを決めた。

美容師免許も、ネイル検定も何も持っていないのに・・・。

 

このあたりの話は、先日取材していただいたこちらの記事にて♪

「Top interview イノベーターが見ている未来 Vol.5」

 

 

で、僕はこの美容室brancheを母体に、新規事業としての”ネイルビジネス”を任され、試行錯誤しながらCAPLUS NAILと言うネイルサロンを10年前の2005年の12月にOPENし、日本とシンガポールで12拠点を展開できるまでになった。

IMG_1976

スタッフも気がつけば結構増えましたね♪

おいおい、3年前の写真だし・・・♪

 

 

ネイルの知識なんて皆無。

残念ながら未だによく知らない・・・。

最近覚えたのは”プレパレーション”。

 

 

でも、ここまでなんとかやってきました。

素人なのに。

 

僕は、人に恵まれましたね。

本当に。

優秀なメンバーに恵まれましたよ。

IMG_3870

 

このメンバーと構築してきた色々な仕組み。

みんなと共有し続けてきた想い。

 

そして、これから僕が見ている業界の展望、そして戦い方。

 

 

そんなお話をこの場で少しづつ披露させていただけたらと思います♪

 

 

 

 

“THE  素人”ですが、何か♪

 

IMG_4791

 

 

素人だから見えるものもあるんです。

 

弱みと強み。

 

次はそんなお話をさせていただきます♪

 

 

 

 

 

 

では!!

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP