• 経営
  • 2016. 06. 26

今あるモノを大切に

ネイリストの皆さん、どーもです♪

“ネイル素人”のb-firstの鈴木です。

 

 

今晩は、こんなお話♪

IMG_1743

 

ん???

何??

何?????

 

IMG_1744

こ、こけし????

 

 

 

Yes♪

It’s こけし。

 

 

このこけしさんは何かといえば、セレクトショップのBEAMSさんが新宿に出店した新店舗のカタログに乗っていたこけしさん。

ま、こけしさんだけじゃなく、こんなのも載ってた。

IMG_1745

足袋。

ムーンスターの。

 

 

なんだかこの商品セレクト、渋い。

 

 

ナウい商品をセレクトして、時代の先端をリリースするのがセレクトショップの宿命だと僕は思ってましたが。なにやらこのお店はコンセプトが違うのか、このカタログに載っているのは日本に昔からある伝統的な商品ばかり。

 

でも、この足袋も見方によればなんだかオシャレ感も感じる。

もちろん、青いこけしも。

さすがBEAMSが手掛けるだけのことはあるわけです。

 

 

 

 

このお店のカタログを見て僕はこんな風に感じました。

 

新しいものばかりに目を向けるのではなく、もう一度今あるものに注目してみてはいかがかなと。

昔からあるものを、今の時代に合わせてアレンジしてみたらどうだろうか?

そう、今の時代のお客様の目線で。

 

 

昔臭いからいけないのではなく、昔の”いいところ”は継承し、新しくアレンジしてはいかがかなとか。

もっと言えば、逆にとことん昔臭さを追求してみるとか。

それがかえって新しさになり、今の時代のお客様に支持されるかもしれません。

 

 

 

このようにモノでもそうであるように、僕はヒトもそうだと思います。

 

 

今まで頑張って付いてきてくれたヒトがいるとします。

でも、年齢ともになかなか現場がキツくなってくる。

目も見えづらいし、体力的にもきつい。

女性なら子供のことや、家庭のことも、いろいろと出てくるし。

 

よって、フルタイムで勤務することはなかなか厳しいとか。

今まで通りはいかなくなるわけです。

 

ならばそこでどう判断するかということ。

 

だからダメという判断は、ヒトを”モノ”扱いしている証拠。

相手はヒトだから。

血が通い、心があるから。

もっともっとお互いに心を通わせ、得意なことを深堀できるよう、晩年でも活躍できるようポジションを考えてあげないといけない。

ダメとか、ダメじゃないとかそんな簡単な判断じゃないから。

ダメにならないようにしなきゃいけないということ。

 

今まであるモノであり、ヒトを大切にできなきゃ前には進めない。

その価値に気付けないなら、いくら新しく最先端のモノでも使いこなすことはできないと思うから。

 

 

自分自身の財産に気がつかなきゃ。

今まであるモノ、今まで支えてきてくれたヒトをもう一度見つめ直す時間を作ってみるのも大切だね。

感謝して、また次へ繋げれるよう深い関係性と信頼感を構築していく。

 

これから先、大きくJUMPするためにも。

大切にしなきゃ。

 

 

 

僕はそう思います。

 

 

 

 

 

さて、明日から鈴木は一週間のファスティング開始です!!

やってやろうじゃないか!!

 

 

 

 

 

 

 

では♪

 

 

 

 

 

 

 

written by “ネイル素人”

 

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP