• コラム
  • 2016. 08. 25

素晴らしい仕事

ネイリストの皆さんどーもです♪

“ネイル素人”の鈴木貴之です。

 

 

これだけ暑いと、目から汗も出ますね!

そう、昨日頂いたメッセージで僕は恥ずかしながら目から大量の汗が出ました。

よく年配の人が、「最近涙腺弱いわ♪」みたいな話をされますが、とうとう僕にも来たかという感じです。

 

IMG_2170

ちなみに彼はそこそこ”若者”ですが、かなり涙腺弱めです。

泣けば解決すると思ってますからね・・・。

ま、僕も子供の頃は泣き虫中の泣き虫でしたから。

そういうものですね。

 

 

そんな親父から大量の汗が出るメッセージは、あるネイリストさんから頂いたもの。

今は自分の意思でうまく体が動かせないネイリストさんからのもの。

手だけではなく、体全体が動かない。

毎日、病院でリハビリの日々を繰り返すネイリストさんからのもの。

でも、“元ネイリスト”ではなく、“ネイリスト”さんからのもの。

自由に体が動かなくて、それでネイリストと言えるのかと言われれば断言できます。

この方は、正真正銘のネイリストですと。

 

何故ならば、ネイルを通じてお客様を笑顔にしているからです。

 

自分自身も大きな怪我をして、思うように動けないにもかかわらず、同じ病院でリハビリに励む患者さんたちにネイルを施術してあげたいと。

どうやって告知をしたかといえば、リハビリのお部屋に制作したネイルチップを飾って、リハビリにみえた患者さんたちへアプローチしたという。

その状況で現在3名の方に施術をし、予約もあと2件あるそうです。

 

その来店されるお客様はもちろん皆さん障害を持っていて、手の指がまっすぐ伸びなかったり、ずっと口からよだれが出ている方とか、重度障害で喋れない方もみえるそうです。

 

それでも、心と心で通じ合い、

「ありがとう」

って言ってくださるのがわかるそうです。

 

 

自分自身も大変なのに、ネイルを通じて誰かのために生きようとするその生き方。

本気の想いだからこそ相手にも伝わる。

 

 

 

本気のネイリストさんです。

体が動かないとか一切関係ないです。

目の前にネイルをして欲しいというお客様がいるから。

だから頑張る。

「ありがとう」をいただくために。

だから頑張る。

 

 

 

そう思ったら、頂いたメッセージに返信することもできないほど、目から汗が出てました。

 

 

 

 

 

“ありがとうって言葉には色々な意味が込められている”という結びの言葉。

 

深いよ。本当に。

幸せな人生は、人に必要とされながら生きることだと僕は改めて気付かせていただきました。

 

 

あなたのその技術は何の誰のためのもの?

あなたのそのアートセンスは何の誰のためのもの?

あなたのその接客は?おもてなしの心は?

 

 

自分以外の誰かに喜んでいただくためのものじゃないかな。

それが自分にとって一番嬉しいことだから。

 

 

 

残念な話だけど、10年後にはなくなる職業として”ネイリスト”も堂々ランクインしています。

でも僕は無くならないと思います。

ちゃんとこの軸さえズラさなければ。

 

この素晴らしいネイリストさんのためにも、絶対に無くしちゃいけないと思うし。

 

 

豪華なお店がなきゃ良いサービスが提供出来ないわけじゃない。

体の自由がきかなくて、毎日病院でリハビリ生活をしながらでも人を幸せにしている人がいるのですから。

 

出来ない理由を語るのではなく、できる方法を考えて動く。

なぜそんなポジティブな思考や行動がとれるのかと言えば、それはそこに熱い想いがあるから。

周りの人を笑顔にしたいという熱い想いが。

 

 

 

“本物”はそうあるべきだと思います。

“プロ”はそうあるべきだと思います。

 

ネイリストって素晴らしい仕事ですね。

本当に。

 

 

 

 

 

だから、久しぶりに良い汗かきました。

汗が止まらなかった。

 

 

まだまだやらなきゃな。俺。

できるもん。

まだまだ。

 

 

 

 

 

 

 

がんばろっ!!!!!

 

 

IMG_2169

 

 

 

では。

 

 

 

 

wrriten by “ネイル素人”

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP