• 経営
  • 2017. 11. 18

ネイルサロンの「店長の仕事」とは?

ネイリストの皆さん、こんばんは♪

 

“ネイル素人”のキャプラスネイルの鈴木貴之です。

さて、今月のお題はこちらです。

 

ネイルサロンの「店長の仕事」とは?

 

 

はい。

では、そういう事なので、僕が日々思い、伝えている事をガツっと書かせていただきますね。

 

「店長の仕事」

僕は一言で言えば「お店の次を作る事」が仕事だと思います。

この「次」という言葉に全てが含まれているわけです。

 

 

 

僕らの仕事は全てにおいて「次」を作る事だと僕はいつも思っています。

この軸はブレません。

 

経営者であれば、会社の「次」。

MGであれば、事業部の「次」。

店長であれば、お店の「次」。

ネイリストさんであれば、お客様の「次」。

 

※いつも事業部の「次」を作ってくれる鈴木千穂MGと橋本恵理香MG。スタッフさんの「次」の活躍の場を作っていく事も仕事。

 

 

 

「次」を作るためであれば、何でも、どんな事でもすべし!!

それこそがミッションだと。

 

僕はシンプルにそう思っています。

 

で、今回は「店長」さんの場合なので、店長さんがすべき「次」について。

 

お客様がまた次きてくださるようなお店づくりをするためにはどうしたらいいか?

 

この問いに対して出てくる答え全てが、店長がすべき事だと僕は思います。

 

お客様想いのスタッフを育てる事も、綺麗なお店を維持する事も、技術力の高いスタッフさんを揃える事も、活気あるお店をつくる事も、原価コントロールや、在庫管理も・・・・

めちゃくちゃありますね(笑)

このめちゃくちゃある仕事を全部きちんとこなしているお店はやはりお客様がどんどん増えて、短期間で繁盛店になります。

 

※うちのグループの美容師さん。断固、給食のおばちゃんではないです。いつもポジティブな空気を発して周りをワクワクさせてくれます。まだ店長さんではないけれど、十分にその素質はあるかなと僕が大いに期待している逸材の一人。

 

 

でも、その時その場面ですべきことの優先順位は変わります。

だからシンプルに「次」をつくるで良いかなと。

 

その時に、年齢やキャリアは要りません。

店長になるのにキャリアや、社歴、年齢みたいな時間軸は要らないです。

必要なのは、「次」を作れるかどうか?

ここのみ。

 

※10月入社の5名のネイリストさん。極論、お店の「次」が作れたら最短で店長への抜擢もあるかもです。そのために色々なことにチャレンジして、失敗して、苦労して・・・・そうやってキャリアを積まなくてはいけないと言うことになりますね。

 

 

 

だから僕のミッションも同じ。

 

会社の「次」をつくること。

そのためには???

 

みたいなことをいつも考えてはやってみて、また考えてはやってみて、これをひたすら繰り返しています。

 

 

だって、色々やる事があると忘れちゃいますから。

だからシンプルで行こうかなと。

「次」をつくるで良いかなと。

 

 

僕はいつもそう思っています。

 

 

 

 

 

と言う事で、今晩は今月のお題「店長の仕事」について書かせていただきました。

 

今月もお付き合いいただきありがとうございます。

 

 

 

 

では!!

 

 

“ネイル素人”

 

 

 

 

あ、少し番宣です♪

20日の月曜日にTATさん主催のセミナーでマネジメントのトークをさせていただきます。

今までありそうでなかった仲良しのBee-msさんとのセッションで、僕自身が楽しみにしています♪

お時間のある方は是非♪

 

 

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP