• 経営
  • 2018. 02. 12

「リピート率目標と、その理由」

ネイリストの皆さんこんばんは♪

 

何気なくピョンチャンオリンピックを観てると、案外ハーフパイプも、ジャンプもフィギュアもできるんじゃないか?と危ない錯覚を起こしてしまう、まさに色々と素人な”ネイル素人”のキャプラスネイルの鈴木です。

 

観てるのとやるのとでは全く違うというのは重々わかっておりますが、何だか飛べる気がしてしまう・・・。そんな適当な男でございます♪

 

 

「知ってる」のと「やったことがある」のは本当に全く違う。

「知ってる」だけなんて全く意味ないし。

やるために知るわけだし。

知るだけとか、全く意味ないです。

まさに自己満足。

 

意味のあることに全力投球したいものですね!

 

 

 

で、今月のテーマはこちら。

「リピート率目標と、その理由」

 

 

リピート率。

とても大事な数字の一つです。

僕らの会社ではこのリピート率は7、8年前にしっかりと取り組みを始めました。

 

目標値は総リターン率で95%。
新規のお客様も、既存のお客様も合わせて95%。

ほぼ失客しない状態にしようという取り組み。

で、7年間取り組んだ結果がこんな感じ。

上位13名。

 

 

新規をどれだけ取っても、固定にできなければとにかくロスが大きい。

ロスが大きいのは経営的に考えても良くない。

 

湯水のように販促費を使い新規を集め、スタッフさんを疲弊させて、目先の数字を作る。

僕らが大切にしなくちゃいけないのは、前にもお伝えしましたが「次」を作ること。

だから目先のお客様を取ることだけに注力するのは違う。

だってそれだけじゃ「次」がないから。

ただただこなすだけの仕事なんて、「次」が作れていないから意味がない。

僕はそう思います。

 

 

だから僕は、まず既存のお客様に喜んでいただけるお店造りをすることにしました。

そんなお店造りができるスタッフ創りをすることが一番大事という事で、人材育成、人材教育に一番力を入れてきました。

 

その後から新規のお客様を取りに行くスタイル。

のんびりした作戦に見えますが、土台をしっかり作らなきゃ、その上に何を積み上げてもすぐに崩れ去りますから。

 

絶対に僕はこの順番。

だからリターン率はとても大切な数字。

よって僕は95%以上を求める。

 

 

 

この「総リターン率95%」という数字を高く維持するために僕らが完璧にやりきっていることは一つ。

それは「次回予約」。

 

今ではほぼ全員が「次回予約」を取ってくださる。

巷でなかなか難しいと言われる「次回予約」を当たり前にしました。

 

これが一番大きいと思います。

総リターン率の95%はそのまま次回予約率とイコールなのだから。

 

 

では、次回予約を取っていただけるようにコントロールすれば言い訳ですが。

さっきも言ったように、これがなかなか難しい。


やり方としてはこんな感じ。

スタッフさんが「ニコキビハキ」で仕事や人生を楽しんでる。

だからお客様もお店に来るのが楽しみになる。

 

もちろん圧倒的に高い技術レベルも必要。

 

でもやっぱり「いいお店ですね♪また来ます♪」という言葉が一番。
これに尽きます。

「お客様への思い」と思うからこその「高い技術力」の二つをしっかりとお客様にわかりやすくお伝えすれば、その場でご予約をいただける。

 

そんな流れ。

 

 

 

数字って全部絡んで来るわけです。

リターン率を高めるとなれば、指名売上や指名率もリンクする。

指名売上と店販売上もリンクする。

客単価と指名売上もリンクするし。

 

 

結局、このネイル業界は人気商売。

どれだけの方々から支持されたかが一番大事な数字。

より多くの方々から、深く支持されたら勝ち。

 

 

テーマは「リターン率」の事でしたが、この議論を進める上で僕は「指名売上」「指名率」が根っこにあると思います。

 

どれだけ多くのお客様に支持されているか?
そのためにどれだけ自分磨きができているか?

これが大事。

僕はそう思います。

 

 

 

 

 

という事で、鈴木なりの今月のお題「リピート率目標と、その理由」はこれにて完了。

また来月♪

では!!

written by “ネイル素人”

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP