• 経営
  • 2018. 06. 18

「接客を良くする仕組みはありますか?」

ネイリストの皆さん、どーもです。

あの”CAPLUS NAIL”の責任者でありますが、実は”ネイル素人”の鈴木です。

 

 

巷では、この本が出回っているそうで。

ウイッス♪

 
少々偉そうに語ってますので、心してお読みください。

次世代ネイルサロンについて的な♪

 

 

 

 

ということで、今月のテーマはこちら。

 

「接客を良くする仕組みはありますか?」

 

ということで。

結論は後ほど。

 

 

 

「仕組み」はもちろん作ります。

接客マニュアルとか、新人研修のマニュアルとか。

 

 

ただ、僕が「仕組み」を作るのは人が多くなったからです。

たくさんの価値観の人たちが働く組織には「ルール」とか「マニュアル」というものが必ず必要です。

必ずです。

 

今まで生きてきた過程はみんな違う。

よって価値観も様々。

でも、縁あって同じチームになったわけで。

 

そんな縁あって出会った価値観の違うみんなが気持ち良く働くために、「ルール」が必要なのです。

 

 

 

「みんなそんなのわかるでしょ?」

 

これは乱暴。

わからないものはわからないわけで。

全く理解できない不思議な価値観の人も世の中にはいるわけで、、、、

やさしいかしらないけど、この価値観は実にヤバイ!!
僕の中での”鬼の尊厳”がことごとく打ち砕かれました。

 

だがしかし、やんちゃなKidsには大人気♪

そんな”やさしい鬼”さん。

顔面から”思いやり”が溢れ出している鬼さん。

 

 

 

鬼はさておき、だからチームみんなの価値観を合わせるために、そういうマニュアルのような「統一」するツールは必要です。

 

 

 

ただ、理想論で言えば、僕自身は断然ルールやマニュアルはできれば作りたくないです。

 

完全に”要らない派”代表です。
ルールとかなんだか面倒なので。

縛られてる感じがなんとも苦手でして、、、

 

でも、チームみんなのマインドが統一されていなければ絶対に必要なのです。

 

逆に言えば、

「チームのみんなのマインド」=「みんなの当たり前」

が統一されていたら、ルールは要らない。

マニュアルだって要らない。

 

だからこそ、この「みんなの当たり前」をしっかりと共有することを僕はとても大切にしています。

 

何故ならば、自分自身がルールやマニュアルが嫌いなので。

嫌いなことをみんなに押し付けたくないし。

 

 

 

接客においてもそうです。

「お客様に対してどう接したら良いか?」

 

ルールやマニュアルではなく、

この答えをみんなが個々に考えてチャレンジしてくれた方が絶対に成果につながるわけで。

 

どうしたらお客様は喜んでくれるのでしょう?

 

 

会社で決められたことをこなすのではなく、自分だったらどうしてもらったら嬉しいか?

 

この気持ちに素直に動く事が大切。

そして一番シンプルでわかりやすい。

わかりやすいから行動に移しやすい。

行動に移しやすいから実際に行動し、結果につながる。

 

 

よって、大切なのは”仕組み”ではなく、シンプルに「もし自分だったら」と相手を思いやる心だったりするわけです。

 

僕は、全社員に向けて”考え方”の話を13年経った今も未だにします。
僕たちのチームはどうあるべきなのか?

どうあることが正解なのか?

 

何度も何度も話します。

みんなの中での「当たり前」を強く作るために。

 

それが実はマニュアルよりもいちばんの近道であり、いちばんお客様も、スタッフも嬉しいのではないでしょうか?

 

 

と言う事で、「接客を良くする仕組みはありますか?」と言う問いに対しては

 

 

 

ない!!

 

 

 

と言う事で。
仕組みよりもシンプルに、お客様の気持ちになって考えることが大切なのではないでしょうか?

 

 

ネイル素人の鈴木はそう思います♪

 

 

 

 

 

では!!

 

 

 

 

 

 

written by “ネイル素人”

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP