• コラム
  • 2016. 07. 28

トップとしての自分づくり

ネイリスト育成

トップとしての自分づくり

 

 

第1章 過去の壁と取り組み

ネイリスト育成①

 

 

 

皆様、こんにちわ

今回もよろしくお願いします〜:)

 

 

 

今回も過去、私が取り組んだネイリスト育成をお話したいと思います!

 

 

 

 

自分がやってきた事を同じく人に教える又はやらせる笑(トップダウン笑)

そうですよね

ここなんですよね

難関ですっ

 

 

 

もちろん今でも。。。

 

 

 

自分がやるのは簡単!!人にそれをやらせるっ

めっちゃ難しいーーーー:(

 

 

 

 

てなわけで。。。

精神論ばかりですが自分がやってきた事思い出しながら

すごくすごく難しいですが執筆したいと思います

なんせ、教育はシステムや方法論ではないというところです

 

 

 

 

まずは!!!!!

 

 

 

 

自分が信用、信頼されているか。。。

という経営者のあり方が一番大切です

これは規模などにもよりますし一概に絶対とは言えない部分もありますが

個人の規模や小さいところからには必要だと思います

 

 

 

 

★スタッフの為にどれだけの時間を使っているのか?

★どれだけ共に同じものをみて同じ経験をし、どれだけ共有しているか

★スタッフの夢にどれだけ自分が真剣であるか

やるのはスタッフ、叶える環境を作るのはトップ

★女性は特に気分のムラを無くすいつも笑顔と真剣さのバランス

厳しさと真剣さは違います

いちいちくよくよしない、考えると悩むも違います

★トップが一番しんどくて当然っ

問題が起こった時が試される時=チャンス

自分がしんどい時は相手も同じ

★スタッフへの配慮と感動を。。。

★トップが一番チャレンジしているのか

 

 

 

 

これってアバウトなことばかり

それってどんなん?と思うかもしれませんが

それを考える、そしてやってみて失敗する事!

そこから学ぶものだからこそ失敗するかもしれないって

いう環境にいけるのか!?も大切だと思います

 

 

 

 

色々並べ出すときりはありませんが

自分自身が心がけてきた事、そして未だに心がけて、規模により

また変化できるかという私も現在進行形です

 

 

 

人の為に自分がどれだけリスクや時間を使えるか。。。

その姿勢が反映するのでしょうか

これは人を教育する上での第1歩だと思います

 

 

 

今回はこの辺で。。。。

ありがとうございました

 

田邊みほIMG_7581

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP