• コラム
  • 2016. 03. 24

男性から見たネイリストという存在。

みなさまどうも、ハヤシです。

ご無沙汰しておりました。

前回、ネイリストがこんな風に思われてるという記事を書きましたが、今回は男性から見たネイリストの印象にまつわるエピソードを書きますね。

 

あれは去年の夏。

Grand Slam in TOKYO を控えて東京滞在中、昔の上司と食事をしたときのこと。

 

とっても美味しい焼肉をつつきながら、「カナコがネイルサロンのオーナーってね!」とか、会社員時代の懐かしい話に盛り上がり、その上司が現在携わっている仕事の話の流れから、とある婚活アプリへの登録を勧められました。笑

 

その場でプロフィール写真を撮ってもらい(いや撮られ)、登録内容を確認されながら、1ページずつ進んでいったところ…

 

「職業欄?ネイリストはやめとき」って言われたんです。
(本来は噓ダメ、ぜったい!)

 

なぜならば。

「ヤリ目的で集まるから」という理由。
(お体だけのお付き合い、ね。)

 

 

ガーーーーン

なんかショック

そして悔しい。

 

とりあえず土日休みの事務スタッフ(年収も低くして)ということで登録しましたが。

 

偽るのもなーと、後日、偽りのない情報に修正しましたが。(ノリ気かよ、笑)

 

前の記事でも書いていた「気軽な感じ」がここにも影響してるのでは?
女性メインの職業は他にもいろいろあるのに、ネイリストはそんな印象?
ヨガ講師だったらそんなイメージにならないよね?

 

華やかさ、という意味もあるのかもしれない。
でも、それだけじゃないと思う。
なにかユルくみえる原因があるんじゃなかろうか。

 

ネイリストって超真面目でストイックな人ばっかなのに!
こんなに頭使って仕事してるのに、と思う。

 

すごいね!と言われることが目的ではないけれど
ネイリストという職業が多くの幸せを生み出す重要な存在であるという位置づけを拡げていかねばと思う今日この頃。

 

hayashi

と、ハヤシ夏の思い出でした。
(あくまでもいち体験ですので)

 

では、また。

 

あ!この後、そのアプリ…

お父さんくらいのおじさまばかりに喜ばれたので退会しました。笑

 

セルフブランドクリエイター
林佳奈子

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP