• 経営
  • 2018. 07. 17

ディズニー派か、USJ派か、その他施設派か

皆様こんにちは!(朝ご覧の方、おはようございます!夜ご覧の方こんばんは!)

金沢です。

暑いですね!今年は早い夏の始まりで、列島が酷暑に見舞われております。

ここまで暑いと逆にランニングが気持ち良い!

暑すぎて何も考えられないこの時間、極限まで身体を酷使すると突然アイデアが降ってきます。

何もかも出し尽くして空っぽにするというのは、大切なのかもしれません。

 

さて、今月のテーマから

「Authorが決める」

 

という新たな試みが始まりました。

 

そしてトップバッターはこの僕でございます。

先日7月10日に大阪にて開催された

 

「ネイル大学シンポジウム」

 

に参加し、終わった後でAuthor会議を実施。

集まっているAuthorの皆様の頭の中に、とてつもない思考やアイデアが詰まっているわけです。

いやあ、本当に勉強になります。

 

そんな会議の中、僕が提案させていただいたテーマは

 

「あなたはディズニーランド派?USJ派?その他のアミューズメント派?」

 

という内容。

 

「なんでこのテーマ?」

 

という声が聞こえてきそう(笑)

まずそこを説明させてください。

このテーマの背景から説明すると

・日本全体における賃金は上がっているが、なかなかお金を使わない

・貯金に回すお金が増えている

 

日本は高齢化指数で

断トツ世界1位

 

です。

そんな状態を危惧してか、お金を使わずに貯金に回す世帯が増えています。

 

そんな

「お財布のひもが固い現在」

 

において、アミューズメント業界で年々利用料金を上げているにも拘わらず、利用者が増えている施設が

 

「ディズニーランド・シー」

 

 

「USJ」

 

 

です。

※ディズニー年間3010万人(前年+90万人)、USJ1460万人(前年+70万人)

 

これってかなり凄い事です!

値上げしているのにお客様はいらしている!!

 

ネイル業界にとっても、まさにここにヒントがあると僕は感じていたわけです。

安くサービス提供することだけが顧客満足度になるのではなく、

 

「ここにしかないモノ」

 

をしっかりと創出し、銘打って世に送り出すことが何よりの

 

「顧客満足度」

 

に繋がる、そう感じていました。

業種は違えど考え方は同じだ、と。

 

どこでどう

「独自性」

 

を生み出すか、そこのアイデアと実現性で

「そこでしか体験出来ないモノ」

 

が生み出されます。

 

「体験」

 

なので、そこの独自性は

 

「価格」

 

にはならないですよね!

なんの考えもなく他のお店より安くする集客は、

 

「独自性創出の放棄」

 

だと僕は思っています。

(一見他サロンより安くしているところでも、実はきちんと独自性があるサロンが成功しています。)

ディズニーランド・シーも、USJも、もはや

 

「行くという行為そのもの」

 

 

が特別化しています。

その上で

 

「その場でしか体験出来ないモノが沢山ある」

 

 

のが本当に凄い・・・

 

よくよく見渡してみると、アミューズメントに限らず既存のサービスに新しいアイデアをプラスして

 

「全く新しいサービス」

 

として世に出ているものが沢山あります。

 

ヒントは意外と身近にあるのかもしれませんね。

 

 

「じゃあ金沢さんはどっち派なの?」

 

というと、ここまで語っておきながら僕はその他派で

 

「三鷹の森ジブリ美術館派」

 

です。

 

理由は簡単、僕はジブリが大好きだからです。

ジブリが好きすぎて、

「千と千尋の神隠し」

の海の上を電車が走るシーンのモデルになったと言われている場所

(海に電柱が立ってるとか幻想的すぎる!!)

で写真を撮って貰ったり、

パークの入口っぽいトンネル

(もはやあの千と千尋の世界に繋がっているのでは・・・)

で写真を撮って貰ったりするレベル(笑)

 

 

2022年には愛知にジブリパークが出来るとのこと!!!

これは楽しみで仕方ないです。

 

そんな最後の最後でジブリ熱を発揮したところで、今月はこれにて・・・

 

それではまた来月♪

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP