• 経営
  • 2018. 09. 18

私のリアル

皆様こんにちは!(朝ご覧の方、おはようございます!夜ご覧の方こんばんは!)

金沢です。

 

近づいてきましたよ、

「秋」

 

が。

大好きな金木犀の季節が。

そしてやってきました結婚式シーズン。

今月だけで2回参加します。以前紹介した友人の結婚式も今週末!

いやあめでたい。2年ぶりに逢う友人もいるので、久しぶりの再会を楽しんでこようと思います。

 

さて、今月のテーマはマニクローゼットの筒井さんより

 

「オーサーのリアル」

 

を教えてくれ、と・・・

 

またまた凄いテーマがやってまいりました。

今回のテーマの根幹が

・今ぶつかっている壁

・それをどうこれから未来に繋げていくのか

・その原動力は?

 

と、

「インスタ映え」

「フォトジェニック」

という言葉が表すように、着飾ることでよりリアルが垣間見えなくなっている昨今に鋭く切り込んでいただいたふかーいテーマ。

 

「リアル」

 

の捉え方が2パターンある気がしたので、両方包み隠さずお応えしたいなと思います。

まずは

「僕そのもの」

 

のリアル。

 

僕自身がSixに参画するまでは、正直ネイル業界での知名度って全然なかったと思います。

SNSも一切やっていなかったですし、表の活動(裏はあったんかいっていうのは置いておいて)も特になかったですし。まさに知る人ぞ知る程度の存在でしかなかったです。

そんな中突然表舞台に現れて、しかもネイル業界らしいけど

 

「ネイルっぽくないけど、でもネイルに絡む何かの事業やってる良くわかんない人」

 

って印象を持たれていると風の噂で聞きます(笑)

事業の内容については過去のコラムを見ていただくとして・・・

 

 

僕自身に対してはなんだかクールという印象を持っていただいている方がとても多くむず痒いのですが、

大阪出身なので

バリバリコテコテの関西人

 

です。

弊社のスタッフに神戸出身のスタッフがいるので、2人揃うとすぐ漫才がはじまります。

コントも突然始まります。

(いきなりガレッジセールさんのエンジョイプレイをしだす僕とスタッフ。階段でやるのは危険です。真似しないようにお願いします!)

執務室内は常に笑いが絶えず、いつかスタッフの腹筋割れるんじゃなかろうか、というくらいボケたおしツッコミたおします。

 

そして、実はむっちゃスタッフから弄られています。

なんなら僕を弄るのが生き甲斐とかいうスタッフもいるくらい。

(なんでやねん)

 

以前のコラムでもお伝えしましたが、役職は

 

「役割の違い」

 

であって

 

「偉さの違い」

 

ではありません。

僕達はひとつの同じ志を持った仲間であり、僕はスタッフがいないと何もできない弱っちい1人の人間です。

物凄くスタッフ皆を頼りにしていますし、信頼しています。

 

だからこそ弄り倒してくれるんだろうな、と。

(多分皆様の想像の100倍くらい弄られてます)

(この間やったスタッフの誕生日サプライズ。企画も構成も作りこみも全部スタッフ。もはやエンタメだなと思った1日でした)

ここで紹介できないスタッフもみんな仲間思いで志高い良いスタッフ!

全員の写真載せれないのが歯痒いくらいです。

支えて貰ってるなーと改めて実感。

 

その他によく聞かれるのが

「休日何してるんですか?」

 

という問い。

この辺りはInstagramを見ていただけたら嬉しいです!

視野が狭くならないように、様々なものに触れるよう気を付けて飾りっけなしの日常が載っています。

基本は音楽やファッション、猫が軸です。

 

ではいよいよ本題、オーサーとしてのリアル。

 

今ぶつかっている壁

 

僕の事業ビジョン自体が

「サロン運営」

 

を主体においておらず

「新しいネイルアートの価値創造」

 

に主軸をおいているので、

 

やっていること、やろうとしている事の全てが

「前例がなくて答えがないもの」

 

です。

ぶつかっている壁として答えるならば

「答えがないことをやる」

 

ということくらいでしょうか・・・。

 

「壁がある」

 

と感じてるということは、

自分自身がその壁を認識できていて、壁を乗り越える力がある

 

ということ。

乗り越える力がない壁は、そもそも壁と感じ取る事すらできずに気づけないので、乗り越えることは出来ません。

壁と感じれる事が多ければ多い程、

 

乗り越えるチャンスがその数だけある

 

ということ。

壁があればあるほど僕は嬉しい!!

乗り越えた時には必ず自分が一回りも二回りも大きくなっているでしょうから。

 

ウェルカム、壁。

 

 

それをどうこれから未来に繋げていくのか

どう繋げていくかは

「現時点での理想」

 

はあれど、変化めまぐるしい時代なのでどうなるかは正直わかんないです。

未来がわかっていたら誰も苦労しないよって話ですし、逆にわかっている未来がやってくることほどつまらない事はないな、と思っています。

 

ただ言えるのは、

「業界を良くしてネイリストに新しい価値を創造したい」

 

という志は一切ブレていないということです。

 

人生は選択の連続。

経営も選択の連続。

 

僕は

「正しい選択をする」

 

事だけが経営者の仕事だとは思っていないです。

「選択した道を正解にすること」

 

の方が経営者にとっては重要だと思っています。

 

その原動力は?

こちらは前回のコラムでお知らせした通り

「もっとアートをしたかった」

 

からです。

ネイルアートはプロダクトになるんじゃなかろうか、そこを突き詰めて常に動いています。

まだ情報解禁前なので番組名は伏せますが、この間フジテレビに弊社の

STAMPNAIL RINGの紹介で番組収録

 

に行ってきました。

 

 

ネイルアートがプロダクトとしてこの様な紹介をされるなんて、それこそ前例がありません。

僕が特許を取得(実用新案)したプロダクトなので、プレゼンテーターとして出演しています。

あまりに前例のないプロダクトだったので、出演者の皆様もすごい前のめりで楽しんでいただけて本当に嬉しかった!!

 

放送日や番組名は僕のInstagramで告知します!

 

これは一種の革命になると出演者の皆様にも言っていただけたので楽しみ・・・!

 

それではまた!!

 

 

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP