• 経営
  • 2019. 01. 08

今、お客様は何を望んでいるのか

皆様こんにちは!(朝ご覧の方、おはようございます!夜ご覧の方こんばんは!)

金沢です。

新年明けましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2018年はこれまでに比べて変化がとても激しい一年だったなと感じています。

元号も2019年には変わる事、新しいサービスがどんどん生まれて発表された事など、まさに

 

「変革期の境目」

 

ですね!

 

音楽大好きな僕はそちら方面も気になっているのですが、2018年は凄い年になりました。

僕としては2018年は

「米津玄師」さん

「あいみょん」さん

の2人の年だったなと思っています。

※USAがバズッたDA PUMPを選ばなかったのばカバーだからです

 

どちらにせよリスナーが求めていたことに刺さりまくったアーティストだからこそ、あそこまでになったんだなと思いました。

 

「良いものを創るのは当たり前、それが求められているのかどうか」

 

に上手くリーチしたお二方ですね!

 

ただ難しいのは

 

「じゃあ何が求められているのか」

 

を察知すること。

例えばこの靴下、大阪出身の僕ですら欲しくなって買ってしまうほどのインパクトがあります。

専ら部屋着として大活躍!!

こんなデザインではあれどむっちゃ履きやすいんです。

 

そんなわけで今月のテーマはDivaの田邊さんよりいただきましたこちら

 

「今、お客様は何

を望んでいるのか」

 

シンプルだからこそ深い・・・

このテーマを伺ったときに、

「2通りの考え方」

 

があるなと思いました。

 

①自分のお客様が求めていることをとことん深堀していく=パーソナライズ

 

②自分の存在そのものがお客様から求められるようにしていく=インフルエンサー

 

①パーソナライズ

 

①を進めるうえで避けて通れないのは

「あなたのサロンのお客様はどんな方々か話せますか?」

 

ということです。

 

まず間違いなく言えることは

「僕のお客様とあなたのお客様は違う方」

 

ということ。

当然

「僕のお客様とあなたのお客様が望んでいること」

 

は絶対的に違います。

つまり、いくらここで

「僕のお客様が望んでいること」

 

を話したところで無意味なんです。

しっかりと個々のお客様と向き合い、何が求められているのかを的確に受け取り提供していく事で、より強い結びつきになります。

2019年が始まったこのタイミングだからこそ、改めて

「皆様のお客様としっかり向き合う」

 

事をさらに強化していくのはいかがでしょうか・・・!

 

「そんなの当たり前にやってるよ!」

 

という声が聞こえてきそうですが、だからこそ改めて行う価値はあるんじゃないかなと思います。

 

②インフルエンサー

 

①とはある意味対極ですが②は自分の存在そのものがお客様から求められるようになる事です。

こちらはもはや誰しもが望んでいることだとは思いますが(笑)

そうなるのは簡単ではないです。

それこそ確固たる

 

「他の方ではだめな独自性」

 

が必要になりますし、それ相応の説得力も必要になります。

 

何故かというと

 

「お客様から求められる=お客様に求めらているものを提供することができる」

 

でないといけないからです。

求められたいというだけではただの

 

「承認欲求」

 

でしかありません。

お客様のために自分は何ができるか、そこを突き詰めていくからこそ

 

「求められる存在」

 

になるんだと思います。

 

①も②も、

自分主観 ×

相手主観 〇

ですね♪

 

______________________________

SNSはInstagramメインで行っています。

日々の日常はこちらにて・・

https://www.instagram.com/atelier_of_wandering/

@atelier_of_wandering

 

思いっきり音楽の投稿あったりファッションの投稿あったりと取り留めはありませんが・・・

そんな感じでゆるっとSNSやりだしています。

______________________________

 

と今日はここまで!

また来月!

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP