• 経営
  • 2018. 08. 30

「ネイルサロンのその先にあるもの」

ネイリストの皆さん、どーもです。

愛知県のCAPLUSNAILの鈴木です。

 

今月のネイル大学のお題は「ネイルサロンのその先にあるもの」

ネイルサロンの経営の次に仕掛けたい業種、業態は何でしょうか?というもの。

 

 

僕ら経営者には広い視野が必要です。

時には繊細な視野も必要ですが、物事を俯瞰して見れる視点が大切だと僕は常に思います。

 

「ネイル業界はこれからどうなるのか?」

そんな難しいことを聞かれても僕にはわかりませんが、ただそのまま”今までと同じ”を繰り返し、現状と向き合うことを放棄しておいたら良くならない事ぐらい僕にもわかります。
だって、今までと同じを繰り返してきて、ここ数年でネイル業界の市場がどんどん広がったかと言われたら決してそうではないので。

だから僕はいつも考えます。

「このままで良いのかな?」って。

 

 

今月のお題もそんなところから考えました。

もっともっとネイルサロンの経営者の方々に危機感と使命感を持っていただきたいなと。
ネイルサロン経営は、やり方でどんどん進化できると。
素晴らしい業界であると。

そう感じていただきたいなと思います。

そして”もっともっと良いサロンを増やして行きませんか?”と。

 

 

そこで僕はこう考えます。

そもそもネイルサロンの価値は何か?

 

 

技術力、デザイン力、接客力、人間力、などなど出てきます。

これら全て正解です。

 

でも、もっと深いところまで掘り下げて考えてみる。

そうすると、僕が思うネイルサロンの価値は、こんな感じで見えてくる。

 

「深いお付き合いのある素敵なお客様をたくさん持っている事」

 

これこそがネイルサロンの本当の価値だと思います。

だからこそ、この価値を利用して何か次の展開を用意しておく事が大切なのではないかなと考えました。

 

別にネイルではなくても、お客様が心から喜んでくれる事ならば何でも良いと。

これからはそう言う頭の柔らかさが必要ではないかなと思います。

 

 

で、僕が仕掛けたいのはズバリ「飲食店」。

もう実際に仕掛けていますが、これが一番良いです。

 

 

この件について先日も大勢の美容師さんにセミナーしてきました!!

飲食店は美容室経営を大きくパワーアップさせると!!

サッポロビール本社で美容師さん向けに飲食店セミナー開催すると言う前代未聞のイベントで語らせていただきました。

 

 

 

 

これは美容業界だけでなく、ネイルサロン、ネイリストさんでも同じこと。

 

その理由ですが、ネイルサロンはいかにお客様に再来店していただけるか?と言うスタンス。いわゆるリピーター戦略に圧倒的に長けています。これは新規をどんどん取ってぶん回しまくるサロン様以外は、必ず当てはまるかと思います。

 

逆に飲食店は、この席を営業時間内に何回転させれるか?が成功の重要ポイント。いわゆる回転率を重視した戦略。よって接客に対してのロイヤリティは非常に低いです。

 

この戦略はどちらもアリです。

ただこれからの時代、確実に”リピーター戦略”が大切になってきます。何故ならばこれからの時代は人が増えていかないからです。一人一人のお客様を今まで以上に大切にしたいかなきゃ、勝てない時代になってきているからです。

“リピーター戦略”
“ロイヤルカスタマー戦略”

この点、確実にネイリストさんの得意分野です。

キャプラス堀部MGなんて先月7月は総再来率100%でしたからね!!

でも飲食業界は苦手なのです、、、、

 

こんな具合でネイルサロンや、ネイリストさんの価値であるお客様を持っている事や、接客力、おもてなし力が圧倒的に高いとか、そう言う”武器”を活かせば、他業種でも必ず勝てます。

飲食市場は調べたら25兆円です。

ちなみにネイル業界は約2200億円。美容業界でも1.4兆円

規模が違います。

この大きな市場に挑戦することは、もちろん競争の原理もありますが、「一杯のかけそば」で例えるならば、そもそものかけそばの量が違うと言うこと。めちゃくちゃたくさんのかけそばがある状態だと言うこと。ネイル業界ほど分け合わなくてもみんながお腹いっぱいになれると言うこと。

今のネイルサロンはダンピングしまくって集客する有様。そうではなく、本当に強いところが勝てるようにするためにも市場規模が小さ過ぎれば、その強さも規模の小ささのせいで埋もれてしまう、、、

勝ってもたかがしれていると言うことです。

 

 

 

僕らネイリストさんは接客のプロです。

そのプロフェッショナルな存在を埋もれさすのではなく、どんどん活躍の場を広げてあげたいと僕は思います。ファンのお客様が何人もいるくらい価値が高い人たちなので、その人たちをもっともっと活躍できる広いフィールドに放ってあげたい。

 

 

今回は、飲食で例えましたが、ネイリストさんなら何でもできると思います。

ただ、頭を柔らかくして、「お客様が喜ぶこと」と言うその視点に真剣に向き合えばどんどん新しいアイデアは生まれてくると思いますよ!!

と言うことで、今月の鈴木の語りはここまで。

ではまた来月にお会いしましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では♪

written by “ネイル素人”

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP