• 経営
  • 2018. 10. 02

LIM徳田の「リアルにぶつかっている壁」

先月もテーマをいただいていたのにまだ書けてなくて、『よし、書くぞ!!』っていう気持ちでPCには向かってはいるのですが、どうも手が動かないような難しいテーマでして・・・笑

 

でもだからこそ、考えてみるいいきっかけをいただいてるような気がしてます。

根っからのポジティブで良かったとこういう時思います。

皆さんも是非、同じテーマを自分の中に落とし込んで考えてみていただけたら、すごくいい整理の時間になることと思いますよ。

 

テーマは『私のリアル』

「インスタ映え」や「フォトジェニック」がトレンドで、みんな飾ることや魅せることに精一杯で、なんだかリアルが見えない今日この頃。

今オーサーのみなさんがリアルにぶつかっている壁。

それをこれからどう未来に繋げていくのか?

そしてその原動力は何?

 

と同じオーサーの筒井さんから頂いたお題です。

 

確かにSNSではみんな美しい一面しか表には出さないんで本当のところどうなのか?

なんて全然わからない世の中ですよねw

 

僕は、頻繁に更新される人が、ピタッと急に更新されなくなったりすると何があったんだ??と探ったり、投稿の感じが変わったら『おやっ?』 なんて裏を裏を探ろうとしてしまってる汚れた男です(悲)

 

僕もSNSではあまりネガティブな要素のものは出しませんが、ぶつかってる壁というか、常に壁を見つけようとしてます。

壁にぶつかることもあまり恐れてません、大歓迎です。

 

 

そうですね、、、ぶつかってる壁・・・・

 

「教育」ですかね。。。

 

 

何度も言いますが僕はネイリストではありません。

 

しかし、ヘアスタイリストとして経験してきた技術者としての感覚、先を考えたマネージメント力というのは少し人より有ると自負してます。

 

そこに自信も無いと、この立場で皆んなを引っ張ってディレクションさせてもらうことも失礼だと思ってますので聞き苦しい発言許してください。

 

LIMネイルの2〜3年先を考えた時に

『今必要なメニュー』というものが僕には見えてます。

その必要性をスタッフには説いたりしてるわけですが、 どうしても現場の人間というのは環境を変えるのは怖いものです。

 

チャレンジもしたいけど、リスクの方が大きく見えたりもします。

 

放っておいて今と同じことを繰り返してるだけだと絶対井の中の蛙に2年後にはなります。

 

その思考をどうやって自分達でマインドチェンジできるようになるか?

 

それが現場の自分たちで考え、やってみよう!と行動できる。

 

そんな風に気持ちよく自然と思考が育っていくように教育したいんです。

 

 

うちのスタッフは非常に優秀だと思いますが、まだまだ僕の教育が下手で彼女達の伸び代を伸ばしきってやれてません。

 

なぜそのようなことがしたいのか?

 

ず〜と、永続的に進化しながらLIMのネイルがカッコよく他に無いネイルサロンとして続いていって欲しいから。

僕が・・・とか店長がとか・・・ではなく皆んながその思考を持ってる。

 

先を見て、考えてる。

 

原動力は 永続的に進化しながらLIMのネイルがカッコよく他に無いネイルサロンとして続いていって欲しいから。

 

ただそれだけなんです。

Authorに質問!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEに登録して
限定記事をチェックしよう!

LINE

LINE限定でサロン経営のためになる記事や、人気の記事をお届けしています。

友だち追加

PoolMagazine

BACK TO TOP